2010年12月03日

耄碌したなぁ

USBメモリーの中にFreeSoft(*****)にPassを掛けた中に、いろいろな分野のID・Passwordを保存、常時はUSBメモリーは差さない、必要な時にUSBを差して、FreeSoftのPassをInputして開いて、自動入力したり、手入力したりして運用してる。

PCの中には、このUSBメモリーに入ってるIDとPassは一切入っていない、只日常それ程問題が無い(万一漏れても被害が生ずる事が無いサイトのIDとPass)はRoboFormを利用してる。

ここんとこ4ヶ月程Blogをさぼって、とゆうかやる気が起きなかった、なんでやる気になったかとゆうと、満身創痍になって何時ポックリになるかも知れない状態、と言っても「ちょい見」では元気そうに見えるらしい、でも日本人男子の平均寿命約78歳、私は現在83歳、もう5年もOverしてる、だから、まぁせいぜい頑張っても後5年がいいとこ、自分の寿命とゆうのは誰も判らない、DNA的には生まれた時に決まってるとかゆう説も有る、まぁともかく明日ポックリかも判らない。

「ピンピンコロリ」が理想、だけとそんなに旨くはまず行かない、殆どが苦しんだ揚げ句に死ぬんだ、私なんか「COPD」の中の「肺気腫」だ、現在は自覚症状は全くないけど、データ的にはステージUからVに入り掛けてる状態、「スパイロメトリー検査」で判る、最近は町医者でも内科なら簡易型のスパイロメトリーの機械が有る、せいぜい10−20万円位だろう、公立病院以上だとコンピューター制御の大型の機械で通称「肺機能検査」と言ってるのが、このスパイロメトリー検査だ、GoogleでもYahooでる検索すればToppageに出る、簡易型でも超大型でも原理は全く同じ、詳細は検索して見れば簡単に判るから省くけど、要は1秒間に吐く事が出来る空気の量を量る、計るんだ。

http://eichan.at-g.net/eichan/kensa/haikinou/spairo.htm

「FEV1」と「FEV1%」略称を正しく表示すると
Forced Expiratory Volume in 1st second となる、努力肺活量の何%を1秒間に呼出することができたかを表します、これが70%を下回ると、気道が狭くて息が吐きにくくなっているということがうかがえます。1秒率はピークフローとは違って被検者の呼吸筋力にはあまり依存しません。強制呼出を頑張れば頑張るほど気管支の炎症を刺激してしまい、吐くのが辛くなるので、1秒率は悪くなります、RV 残気量 できる限り呼出してもなお肺の中に残存する気量 この検査で測定することはできません、残気量を測定するためには、ヘリウム希釈法やN2洗い出し法、あるいは体プレチスモグラフ法などを使った測定方法が必要になります。

簡易型ではRVは不可能、超大型でも直接測定は出来ない、ヘリウム希釈法等を使って計算して出してる、現代の進んだ医学を持ってしても、人間の身体の構造並びにどうやって生きてるかは30%位しか判ってない、残りの70%は未知の世界なんだ、世界中の権威有る医者が束になっても判らない事が大部分、だから自分の身体は自分で守るしか無い、医者はそれを補助する一握りにすぎないのだ。

貴方がたの近所の図書館で
「ぜんぶわかる人体解剖図 系統別・部位別にわかりやすくビジュアル解説 坂井建雄/著 成美堂出版」をCheckして見て下さい、まず有りますよ、私も図書館で借りました。

結構詳しい、気の弱い人だったら気持ち悪くなる位詳細な図版で解説されてる、にも関わらず、判らない事の方が多い。

「川崎病」「橋本病」って知ってますか?
川崎病は1961年に「川崎富作先生」が発見された、血管系の病名で、世界中何処に行っても「Kawasaki」で通る、原因不明、従って治療方法も経験的な治療が行われて何とかなってる、「ガンマグロブリン」とゆう血液製剤の大量投与、これしか無い、5歳未満の男子が殆ど、発見が遅れ治療が遅れると死亡する、何とか治っても後遺症が残り、一生薬を飲み且つ激しい運動は不可能、発見が早ければ完治して後遺症も無い、壮年から先の人達で起こる「心筋梗塞」これは心臓を動かしてる冠動脈に閉塞とか狭窄が起こる、つまり血栓が問題を起こす、だから「動脈硬化」は健康診断でも話題になる、川崎病はこの症状が乳幼児で発生する、原因は全く不明。

私の孫が1歳ちょい前で起こった、完全では無いけど、有る程度両親及び私に知識が有った、目の白目の部分が極度に充血する・高熱・譫言・口の中が真っ赤になる・手足の末端が赤くなる、見てられない位苦しがる、直ちに救急車だったかどうか定かではないけど、公立病院に担ぎ込んだ、診断した医師は直ちに「川崎病」だと断定して、即入院、血液製剤の大量投与が始まった、結果として発見か早かったらしい、半月くらいの入院で完治退院した、現在小学6年、来年は中学生だ、野球少年で日曜なんか先ずどっかで試合をやっている、後遺症全く無し。

今は外れたけど、当時は東京都指定の難病だった、地元の保健所といってもバスで30分位先、難病の補助金が出た、3ケ月だったかハッキリしない、なにしろ10年位前の事だから更新の為に保健所に私が通った、関心の有る乳幼児を持つお母さん方、「川崎病」でググって見て、知識として持ってるかどうかが、生死の分かれ目です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E7%97%85

また尻切れとんぼ、首題から脱線してしまってる、独り住まいだから、自分で支度しなきゃ飯も食えない、夕食だけは「配食弁当」を取ってる、@¥600、1万8千円/月、痛いよねぇ、まだ晩飯を食ってない、現在21:10 、体調が良くなくて朝はまぁ何とか600Kcal位、昼は無し、そして晩飯はこれから弁当をチンして食べる、そんな訳でひとまずお終い、ほんとはBlog Rankingの事を書く積もりだったんだけど、そこまで到達できなかった。 後は後日、後日は毎度だ(笑)






posted by ゆきずり at 21:18| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

色覚異常の見え方

5/19の「色覚異常と遺伝」の最初の部分のリンクの中の「色覚異常ダイジェスト」クリックして。

色覚異常は遺伝によるものです。ですから顔かたちと同じようにその人間に備わった様々な資質のひとつにすぎません。色に関する困難は、色覚異常である本人の注意深さや周囲の人々の理解によって多くの場合は解決できるものです。


▲ 色覚異常とはどのようなものか  このリンクをクリックして下さい。

素人的には2001年の記事、ちと古いけど、「2CH」の記事が結構有用に感じます、けど病気だから治るとゆう意見と遺伝子レベルの問題だから、病気じゃない、従って治療とゆう言葉は存在しない、まあ3:7位かな、病気だってゆうのが3で。

私は遺伝子レベル派で、病気じゃない、血液型がA型の人をB型に治療とかなんとかで変えるなんて、殆どの人が「そんな事出来る訳がない」と思ってるとゆうか常識だと理解してますよね、この色覚異常も遺伝子レベルで「可視光の波長の範囲」がずれてる。或いはある色を見る「錐体」が無いかまたは感じ方が鈍い、紫色 400〜440nm  青色 440〜500nm  緑色 500〜575nm  黄色 575〜595nm  橙色 595〜640nm  赤色 640〜700nm  大凡こんな範囲らしい。

個人差が相当有って厳密に区分出来ないらしい、JIS規格では
JISZ8120では短波長側は360nm〜400nmで長波長側が760nm〜830nmとなっています。だけと現実に800nmが見える人はそれこそん十万人に一人みたい。

大体「色」とゆうのは、物体じゃない、めの網膜から視神経を通って脳に行って、脳で色とかんじてるんです。詳しい事はとても難しくて理解出来ません、慶応大学名誉教授で現在84歳ご存命かどうかは判りません、「村上元彦先生」が書かれた「岩波新書」で「どうしてものが見えるのか」とゆうホンを1995年に書かれてる、第八章まで有るけど何とか理解出来たのは第三章の始め辺りまで、そこからは私の頭脳ではついて行けません、いま手元に有りますが(笑)

もし関心のある方はAmazonのマーケットブレイスで¥1で6社から買えます、メール便で配送料は¥250 従って代金は251円です、大体発注して2-3時間で「ページャーナンバーをメールしてくるから、それで真夜中でもNetBankingで支払いすると3-5日でメール便だからポストに入ってます。私も1.5年位前に¥251で買いました、銀行の「ページャー」で前払いですけど、ページャーは手数料が掛からない、ATMでも出来る筈、私はNetBankingでしたけど。

Amazonの中古品はとても綺麗でUsedとは思えないものばかりで、ここ1年の間に¥1で10冊以上買ってるかな。

後 「クレパスの色が見分けられますか」今AmazonでCheckしたら、¥1は無理だった、¥379 前後が3社、メール便¥250で¥629、定価は¥1,854 改訂新版 平成6年8月刊行、この下の「視能訓練士」が国試を受ける勉強をしてた時に、教師の一人がこの本結構参考になるよと薦められたとか、だから初版は相当古いらしい、初版にはカラーの口絵が有ったそうだけど、この私が持ってる改訂新版には口絵は全く無い、多分色覚異常に関する本なのに健常者でないと正確に認識出来ないカラー口絵は「可笑しい」矛盾してるとクレームが有ったのではないかと私は想像してます。
Blog仲間の「視能訓練士」厚生大臣傘下の国家試験で、日本全国で8000人位しかいない、殆ど大きな病院にいるみたい、曰く国家試験が難しいのに給料が安いってこぼしてました(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/swdsn/MYBLOG/guest.html?p=1
ここのゲスブで「ろーとる」ってのが私です、私が白内障の手術をした病院の眼科の医師は「日本眼科学会」の専門医です、専門医は5年毎に国試なみの試験が有ってそれに合格しないと専門医を標榜出来ない仕組みになってる。

サルが見た色の世界 色覚の進化をたどる
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0907/200907_064.html#author
英語が得意な方はこちらを、リスザルでの実験
http://www.nature.com/news/2009/090916/full/news.2009.921.html
これを要約したのがこちら
http://infohdc.blog55.fc2.com/blog-entry-992.html
京大山中教授のIPS細胞の過程でウイルスを使って遺伝子を操作云々、とゆうくだりが有った様な記憶が、このリスザルの場合もウイルスを使って赤なら赤の遺伝子(錐体の遺伝子か?)を注入して成功したみたい、ただ私は素人だから違ってるかも知れませんね。
こうゆうQ&Aも
http://okwave.jp/qa/q4068607.html
ここでアンサーの中で「本当に知っていますか、知っていたらこうゆう質問は出ません」とゆう答えを書いたのは私です、一寸口幅ったい言い方をしてしまい反省してます。
http://okwave.jp/qa/q4050984.html
ここのベストアンサーは私です、こんなに喜んで戴いてアンサー冥利に尽きます。

寝なきゃ、なんていいながらまた午前4時になってしまった、今度こそ寝なきゃ。











posted by ゆきずり at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20-30年昔の話

【Q&A編】 結局のところ寿命が長いのはどのメディア?

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/knowhow/20100917/1027552/?f=tok1
但し会員登録しないと、最初のページだけしか見る事が出来ない、登録は無料だけど、結構詳細な個人情報を要求して来る、まぁ、現世代では仕方が無いのか、それにしても一寸きつい、「日経」だから個人情報を漏らしはしないだろうけど、あちこちで個人情報の流失が多すぎるんじゃないの。

尖閣の件でもそうだけど、私用のPCが公的とゆうか業務のNetworkにいとも簡単に接続できてしまうのが、不思議、製造番号とか、固有の複数は存在しないデータとかが業務のサーバーに登録されて居なければ、跳ねちゃうとか幾らでもやりようは有ると思うんだけど、そしてこれだけ騒がれてるのに重要な業務についてる人間が、安易に所謂「ファイル交換ソフト」DLしている。

例えばWinnyは2002年5月に公開された日本製のファイル共有ソフトであり、匿名ファイル共有ソフトの草分けでもある。WinMXの利用者が逮捕されたことで、違法な共有を行っている利用者を中心に動揺が広がっていた時期であり、多くの利用者が匿名性を持つWinnyに乗り換えたといわれる。ACCSの実態調査では、2003年に「利用したことがある」が22.8%だったものが、2004年には「最もよく利用する」が40.3%と急増する(同年のWinMXは57.6%)。その後は減少傾向に転じたが、前述のWinMX公式サーバ閉鎖後の2006年には「主に利用している」が33.3%とWinMX(24.5%)を初めて凌駕して国内最多となった。

条件に合うファイルを片っ端から自動でダウンロードさせる地引と呼ばれる利用方法を初めて提案した。BBS機能も持ち、その用途でも利用されていた。マルチバイト文字に対応しているがUnicodeには対応しておらず、またローカライズが困難な仕様だったため、海外では殆ど普及していない。当時、匿名性が絶大に信頼されていたものの、2003年11月27日に著作権の侵害を理由に利用者から逮捕者が出たことで、Winnyの開発は停止した。翌年、2004年5月10日に著作権の侵害の幇助を理由に開発者も逮捕された。現在では解析が進んでおり匿名性は破られてきている。

Winnyは技術的なことも含め様々な点で特徴的であり注目を集めた。国内では初めての実用的なピュアP2Pネットワークソフトであったことも、その一つである。Winnyの影響を受けたソフトウェアも多い。

ピュアP2Pモデルを採用しているが、Gnutella等よりファイルの検索機能が効率化している。転送する時、ファイルをそのまま転送するのではなく、キャッシュと呼ばれるデータに変換してから(あるいは変換しながら)転送を行い、必要に応じて復元する。その際、一定確率で転送の中継を行うことで匿名性の確保を図った。BitTorrentと同様にダウンロードしたキャッシュは自動的にアップロードされるが、キャッシュは原則Winnyが管理し利用者は関与しない方針により、BitTorrent以上に徹底している。キャッシュは暗号化されているため、利用者は自分のノードが何を中継したか分からないようになっている。(実際には特定のツールで知る方法がある。

コンピュータにインストールされるP2Pアプリケーションは、目的や用途を問わず、インターネットに対しポートをオープンにしてサーバ的動作をする場合が多い。また、クライアント的な動作のみであっても、いずれにせよアプリケーションにバッファオーバーフロー等のセキュリティホールが存在した場合、アプリケーション同士が常時接続している場合が多いだけに、ワーム、ウイルス等が急速にP2Pネットに感染拡大する脆弱性を持っている。実際にWinnyやShareなどをインストールしたパソコンから個人情報が漏洩する事件や機密情報漏洩事件が多発している(「暴露ウイルス」の項も参照のこと)。

Winnyなどにおけるウィルス感染・個人情報漏洩は、WinnyなどP2Pソフトの脆弱性によるものではなく、通常のウィルスと同等のセキュリティ対策を行なっていれば、対応できるものである。

出典はウイキペディア

なのに重要な業務についてる人間が、安易に所謂「ファイル交換ソフト」をDLしているのは、「自分は詳しい、そんなのには引っ掛からない」とゆう自信過剰なのか、「セキュリティ」に関心が全く無いのか、でもそんな事あり得ないよね。

私の場合PCはもう30年以上やってる、しかし全くの趣味でSEとかプログラマーの様な職業をやってた訳じゃ無いから、素人の域を出ない、上記の資料はチンプンではないけど、といって完全理解にはほど遠い、だから「セキュリティ」の危険の有るものには近寄らない、従ってウィルスに感染した事は1度も無い、IBMが「PCDOS」って言ってた頃からだから、Internetなんか存在してなかった、だから電話線を使ってパソコン通信をやってた、当時はプロバイダーとゆう言葉も存在しなかったけど接続業者はNECの「PCVan」だったかな、それと富士通の「Nifty」だけだった、速度は300Bps、300だよ、現在100Mのフレッツは100Mとゆう事は「100,000,000Bps」だから如何に遅かったか、でもちゃんと話は出来てた、それが1200Bpsになり、ISDN−>ADSL−>光 となって来た。

ISDNの頃からルーターは使ってた、PCは1台だけど、ルーターのNAT機能で最初のセキュリティとし、そのあと「カーテンウォール」やらなんやらとセキュリティソフトで凌いで来た。でもPCDOS」じゃなくて、ずーっとNECの98シリーズだったからCPUがペンテの初期120M位までNECの98シリーズ、で「MSDOS」でExcelなんかまだ無くて当時は「Louts」全盛で、マクロを1000行なんて書いて、「芸は身を助ける」で趣味を業務に生かしてPC業務をしてた、記憶に有るのはその頃はPC-8801だったと思う、その後「PC9801E」を購入、まだHDDは無くて、8インチのFDを買った記憶が有る、価格は40万円位した。

PC-9801E 1983年11月
μPD8086-2(Intel8086互換) 8MHz、8インチ、5インチ2D FDD I/F搭載、漢字ROM非搭載…(漢字表示にはオプションのPC-9801-10ボードが必要。第二水準漢字表示にはオプションROMのPC-9801-12/Kが必要,拡張漢字表示にはオプションROMのPC-9801-18が必要)

5年くらい使って買いましたのが
PC-9801RA/RX前期 1988年7月/9月
5インチFDD搭載、大型筐体、FM音源なし。CPUはRA2が80386DX/16MHz、RX2が80286/12MHzを搭載。 次が。
PC-9801FA/FS/FX 1992年1月(FA) / 5月

1990頃「DOS/V」が上陸してきて98シリーズは終焉に向かってた。

確かCompaqかHPだかを買ったと思う、その頃はDOSとWin3.1が共存してた、家ではDOS/V、パート先ではMSDOSだった、会社ではまだ無線LANは存在しなくて、有線LANで業務で使って会社の構内の建物を繋ぐLANCableは電柱を利用してた、ルーターは国産は作っていなくて、アメリカ製だったと思う、私が関係してた部署での相手の会社は富士通のFM機を使ってた、でデータの遣り取りはFDで98シリーズ系のFDだから1.2MB、自宅で使ってたDOS/Vは1.4MBで互換性は全く無いので、ともかく不便とゆうか、会社の仕事を家へ持って帰ってやるなんて互換性が無いから不可能でどうしようも無かった。

駄目だ、もう午前様、また尻切れとんぼ、寝なくちゃ、後はまた後日
posted by ゆきずり at 00:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

自国の元首に対して失礼なんてもんじゃない!!

この桜内議員は「みんなの党」か、知ってるんだろ、ヤジを飛ばした奴

なんで公表しないんだ、庇ってる積もりか。

天皇皇后両陛下、秋篠宮殿下御夫妻のご臨席になる事は相当以前から周知の事実なのに。

「半数近くの議員欠席…国会開設120年記念式典」
 国会が29日午前に参院本会議場で開いた議会開設120年記念式典を、国会議員の半数近くが欠席した。
 天皇、皇后両陛下をお迎えして、国会の節目となる行事だっただけに、議員らの意識が問われそうだ。
 参院事務局によると、衆参両院の国会議員721人(衆院は欠員1)のうち、出席したのは約370人で、党として欠席した共産党(15人)以外にも、330人以上が欠席した。
 欠席した民主党の若手議員らからは「統一地方選に向けた地元会合を優先した」「陳情を受けていた」などの声が上がった。週末に地元に帰った議員がそのまま地元活動を優先したケースが多かったとみられ、「歴史への意識が薄いことの表れだ」という批判が出た。同党の岡田幹事長は29日の記者会見で、「それぞれ色々事情があると思うが、少し残念に思った」と述べた。
(2010年11月29日21時46分 読売新聞)

自分の国の元首が臨場されるのが判っていて欠席するなんて、国民じゃない!!!

http://ameblo.jp/sakurauchi/entry-10722419845.html







posted by ゆきずり at 21:31| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「広辞苑」で「敬意」を引いてみろ

http://alfalfalfa.com/archives/1577652.html#comments

オバマ大統領だって45度以上の最敬礼、タイの王族、ソムサワリー殿下 ひざを着いて花束を皇后陛下に、ダイアナ妃だって最高の敬意をなさってるのにだ、天皇陛下にお辞儀しない横路衆院議長 人間じゃないよ!!!!

誰なんだ、この60歳台の衆議院議員は、マスコミは知ってるんだろ、公表しろ。

総理大臣はこの議員に辞職勧告しろ!! 辞任しないのなら「デカデカ」とすべての新聞に大きく顔写真を掲載しろ、恥ずかしくないのか、自分の国の元首に礼儀を尽くさない奴は国民じゃない。

携帯電話のベルは、性善説に立てばまだ許せるけど、「早く座れよ」は最悪、世界中の国から馬鹿にされる、もう、悔しくて、言葉が出ない。



posted by ゆきずり at 21:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情けなくて、涙が出て来る

「民主党ベテラン議員が秋篠宮殿下ご夫妻に野次 「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」

え〜っ、吃驚なんてもんじゃない、昔だったら「不敬罪」もいいとこ。

国会議員も落ちたもんだなぁ、直立不動で天皇陛下をお迎えしなきゃいけない場面で、こりゃ無いだろう、土下座して謝ったって届かない。

酷いね〜、メディアは恐れ多くて報道出来なかったのか、それとも何か? こうやってNetを見る事が出来ない多くの国民がこの事実を知ったら、大変ですよ、やった議員の地元じゃ大騒ぎになる。

「【失態/自民党】両陛下ご臨席の式典で携帯電話鳴らす 自民党・逢沢国対委員長が大失態★2」

これも、もう我が日本国には礼儀とゆう言葉無いのか? 私らの時代には小学校で「修身」とゆう科目が有った、薄鼠色の教科書で、いまでゆう所の徳育かな、ともかく何でこうゆう人間本来の常識として知っておかなければ成らない事が無くなってしまったのか、「教育勅語」だってしかり、老人の戯言じゃないよ、日本人なら天皇陛下はもっとも敬うべき存在だ、思想信条の違いで、国旗も国歌もないがしろにしてる人達が結構居るのは認めるけど、苟も国会議員がこのざまで、国体を維持してけるのか、も〜、情けないなんてものじゃない。

もう呆れ却って、「言うべき言葉を知らず」だ、情けないよほんとに。

http://alfalfalfa.com/archives/1577652.html



posted by ゆきずり at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

普天間ほか

たとえばフィリピンは、91年9月に米軍基地協定が終了した後は基地を置かないという87年憲法にもとづき、基地撤去を米側に提案した。米政府は激怒し、どう喝を加えたが、議会上院は政府提出の基地容認の新協定案を拒否し、1年半余の粘り強い交渉で92年には、ついに完全撤退に追い込んだ。
この記事の出典はここ。
http://blog.goo.ne.jp/kintaro-chance/e/067bcee31e1cc71ddb2473e3357acf1c

完全撤退に追い込んだのは、良かったと考えたらしいけど、やばくなってアメリカに再度「基地を作って」とお願いしたけど、はっきり「NO!!」と言われてしまった、結果はどうなったか。
結果はこの記事で

中国の海洋戦略を考えれば、沖縄は風前の灯: 今日的見聞録
http://www.serendipity.tea-nifty.com/gift/2010/05/post-a14c.html

普天間は県外だとか、国外だとかといってる人達は本当にそう思ってるのかな、もし米軍がいなくなったら、あっとゆうまに○国が上陸して来て、みんな奴隷同様になってしまう可能性が高いと思うけど、またもし安泰だったとしても、沖縄県はどうやって県政並びに経済を維持して行くんだろ、今更「砂糖稷」でもあるまいに、全く成り立たないと思う 、確かに普天間飛行場の回りに昔から住んでいた人達の気持ちには同情しますし理解も出来ます、しかし勤める企業も碌な産業も無い、どうやって食って行くの、そこにずーっと住んでた人達には愛着ひとしおで、絶対離れたく無いでしょう、でも基地が無くなったら、憲法9条だとか、自衛隊をどうするとか、相変わらずのんびり、来年度には何とかなんてな事を、○国に限らず他の国が黙って待って呉れるとでも思ってるんだったら、児戯に等しいと私は思います。

基地は絶対残してアジア各国に睨みを効かせる事は絶対必要、基地周辺の愛着ひとしおの方達には申し訳ないけど、国が住みやすく、便利な(狭い沖縄にそんな場所があるかどうか判らないけど)代替えの土地を責任を持ってを無料で提供し住宅も建てすぐ住める状態で、移転して戴くしかない。

その位国のレベルなら何十億も掛かる訳じゃなし、もし掛かるとしても、そうすべきでしょう。
基地の土地の所有者には国が賃貸料を払ってるし、米軍関連に勤めてる人達の生活の支出で経済も何とかなってる、観光も成り立つ、その他都会の(所謂本土の)の人間の知らない、諸々の事などで成り立っているのでは。

先島諸島なんかはもっと「風前の灯火」でしょう、とんでもなく離れた「南大東島」が平穏に過ごして行けるのは、誰のお陰なんでしょう、南大東島の人達が見てるTVはBSなんですよ、確か天気予報は東京の天気だったと思うけど、あの永世中立国であるスイスだって、軍隊はちゃんと有る、何時もはホルンを吹いたりヨーデルを歌ったりしてる人達も完全に予備役で民兵なんです、自分の国は自分で守る、これが鉄則だ、もしここで、日本が軍隊を持つなんて言い出したら、喧々囂々、大騒ぎなんてもんじゃないだろうけど、どんなに反対があっても私は日本も軍隊を、もう持っていい時期に来てると思う、ひきこもりだ、草食系だ、海外なんて行きたく無いだ、こんな青白い人間ばかりになったら、ん十年先に「日本国」は存在しないと思う、韓国には3年間の兵役義務が厳然とある、これが立派なとゆうか愛国心のある人間を作る源になっている。

話は全然飛ぶけど、歴代内閣総理大臣の名簿とゆうか表をず〜っと見て行って?と判らない方は数人に過ぎない、私は別に歴史好きでも何でも無い、でも常識として知っている、今の若い、いや若くなくても中年の人達がどの位常識として知っているか、聞いてみたいものだ。
私は1927年生まれの83歳。

初代 伊藤博文 から始まって21代の「加藤友三郎」は知らなかった、〔鳩山一郎」は52・53・54代、「中曽根康弘」が71・72・73代、「小渕恵三」が84代 在職中に脳梗塞で死亡、名誉の戦死みたいなもの、次女の「小渕優子」が弔い合戦で立候補し当選、現在4期連続、衆議院議員、小渕恵三の後を継いだのが「森喜朗」85・86代、その後が「ぶっ壊す」とのたもうた「小泉純一郎」87・88・89代、後阿部・sc・麻生で自民党が終了。

で政治家として「大人物」と言えたのは「小渕恵三」くらいまでじゃないかな、現在どこの党を見回しても「大人物」なんて見付からない、所謂「小粒」になってしまってる、全然好きじゃ無いけど、警察官僚上がりの「亀井静香」が幾らかってとこか、でもずーっと自民党に投票して来た、この前の選挙だって民主党なんて見向きもしなかった。

10年前の11月に起きた「加藤の乱」この失敗の時に、いやしくも政治家が衆目の面前で「泣いた」のは誰でしょう、現自民党総裁谷垣氏だ、もう一人政治家じゃないけど、「みんな私ら(経営陣)が悪いんであって、社員は悪くありませんから! どうか社員に応援をしてやってください。優秀な社員がたくさんいます、お願いします、私達が悪いんです。社員は悪くございません」と男泣きに泣きながら社員をかばった山一最後の社長「野澤正平」のことがテレビで大々的に放送されて注目された、比較する対称では無いけど、大きく印象に残ってる。

私としてはだから、敢えてゆうならば、谷垣では自民党は駄目だ、もっと強い度量を持った人間でなければ、この乱世の時代は乗り切れない、山一社長の野澤正平は立派だと思う、この二人の涙では、ダントツに野沢に軍配を上げたい。

ここでも尻切れとんぼになってしまうけど、午前様になってしまった、続きはまた別の機会に。
posted by ゆきずり at 01:15| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

危機意識がなさ過ぎて、呆れかえって

言葉も出ない。

7月以来体調不良やら何やらで開店休業状態だった、けどさすがにたまりかねて、ちらっと書く
事にした、1行何文字までだったら、レイアウトが崩れない、とか最低のルールも
忘れてしまった、そんな訳でぼちぼち直して行きますので、レイアウト崩れはお許しを。

またカキコを始めるとゆう事は体調が良くなったと、思われそうだけど、実は逆で
この冬が無事こせるかどうか、全く自信が無い様な状態、正に満身創痍。

「エコノミー症候群(或いはロングフライト症候群とも)」海外旅行などで長時間
エコノミークラスなどで、狭い座席で足も動かさずにいて、到着して歩き始めたら
突然意識不明になってバタンと倒れて、「はい、それまでよ」と一巻の終わり、
つまり「突然死」これは「肺塞栓症」と言って、肺の大動脈に足の深部静脈に出来た
血栓(全部が全部出来る訳じゃない、只、動脈硬化が進んでる人は危険)が巡り巡って
来て詰まって血液が循環しない為にガス交換が出来ず(ガス交換とゆうのは、新鮮な
空気の中の酸素と身体の中の老廃物に依って生成された二酸化炭素だったっけかな?
一寸はっきりしないが、こりが入れ変わる事に依って酸素がヘモグロビンになり、
この辺は専門家じゃないから詳細は違うかも知れないけど、このガス交換によって
人間は生きている)、呼吸困難になって意識を失い、手当が遅れれば死に至る怖い
症状です。

私は60年間も煙草を吸って来て、まぁ自業自得なんですけど、去年の11月に
声が掠れる様になって公立病院の耳鼻科を受診し、そこで「煙草をとるか、命をとるか」
と言われ、愕然となり禁煙する決心をしました。

ファイバースコープで喉を調べたら「加齢による声帯萎縮」で声帯に常時隙間が
出来ていて、声を出す時に空気が漏れてしまう為に、声帯が旨く振動できずに、声が
掠れてしまうのです、これを「嗄声」(させい)と言います。
同じ大きさの声を出すのに必要な空気量が2−3倍も必要な為に凄く疲れます、息が
続かなくなってしまう、手術をすれば治るらしいけど、私みたいに83歳では手術は
不可能、心臓その他が麻酔に耐えられるかどうかで、まず駄目です。

実際の手術は局部麻酔でやるらしいけど、何せ脳に近い部分だから、場合に依っては
全身麻酔になる、私は煙草の所為で「COPD」(閉塞性呼吸器疾患)喘息もその
一種だけど、私の場合は「肺気腫」気管支が肺の中で枝分かれした一番先に肺胞とゆう
袋状のものが有って、そこは動脈・静脈の毛細血管で覆われていて、ここでガス交換を
してる、この肺胞が壊れて行く、「不可逆性」と言って、一旦壊れたら決して再生しない、
沈黙の臓器と言われてる「肝臓」なんか半分うしなっても再生するけど、肺胞は駄目、
肺胞の数は数億個と言われ、その表面積は100m2 以上だそうです。詳しくはこちらを

http://japha.umin.jp/booklet/series/pdf/series007n.pdf

「ブリンクマン指数」 1日の喫煙本数X喫煙年数 400以下ならまぁ何とか無事らしい。
私は何と750、600以上だと100%癌になるといわれてる、幸い私は今の所、がんには
侵されていない、とゆうか未発見です、耳鼻科のファイバースコープでは喉頭がん、ポリープ
等を見つける事が出来る、胃カメラで食道がん・胃がん、大腸内視鏡検査で、大腸癌・
直腸癌など、胸部のCTやレントゲンで肺がん、但しどの場合も100%見付かる訳では
無い、特に膵臓癌・胆嚢癌・肝臓癌その他血液のがん(白血病)、Amazing Grace
で有名な 本田美奈子さん 彼女は白血病で天使になった。

「腫瘍マーカー」とゆうのが有って癌が有ると数値が上がる、但しこのマーカーだけで
判断は出来ない、あくまで参考程度、他の各種検査と総合で判断される。
http://tumor-marker.com/

今の所、肺がんでは「CYFRA・ProGRP」の検査では陰性、消化器関連では「CEA・
CA19-9」なども陰性、だけど問題は「肺気腫」、治療方法「無し」唯一禁煙のみ、
対称吸入薬はあるけど、症状の緩和だけで死亡率には関係無し、一番危険なのは
風邪を引く事、インフルは勿論、一般の風邪でも急激に増悪する、肺炎を併発、
死に至る、だからインフルエンザワクチンは必ず受けてるし、肺炎球菌ワクチンも
3年前に受けてる、有効年数5年、去年までは2回接種は駄目だったが、厚労省が
複数回接種を認可したから、もし生きていたら平成25年には接種出来る、でも無理
だろうな、多分、それまで生きてる確率は低い、悲しいね〜、でも「身から出た錆」
だから仕方がない、でも苦しまずに死にたい、これも無理な要求、呼吸困難で死ぬん
だから苦しいなんてもんじゃないだろう、アーメン!!

その他、悩んでるのが「下肢静脈瘤」手術すれば、簡単に治るんだけど、数日前に
引導を渡されてしまった、つまり手術は出来ない、80歳以上で呼吸器疾患を抱えて
いるから、麻酔以前の問題で手術不可が鉄則なんだって、だから死ぬまで「弾性
ストッキング」を朝から寝る時まで履いて、ねる時は脱ぐ、これの繰り返し、弾性
ストッキングは医師が指定した締め付け強度の物、履くのが馴れても結構大変、
最近は体力も落ちてるから、腕力も下がってる、履くのには腕の力が充分に無いと
履けない、朝起きてから、「爪水虫」の外用薬を充分塗ってから、弾性ストに依って
爪先の親指と人差し指がくっつくのを防ぐ為、ハイヒールを履く女性に多い
「外反母趾」で使うドイツ製のスペーサーみたいな物を嵌めて、弾性ストを履く、
結局2時間近くかかっちゃう、だから仮に7時に起きても、独り住まいだから、朝食
だって自分で作らなければ、始まらない、朝食が10時頃、そうすると昼飯が食が無くて
結局抜きで1日2食になっちゃう、最近の「基礎代謝量」1350Kcal位だけど、結果として
これより少なければ痩せて行く、痩せれば体力が落ち、免疫力が下がる、で
悪循環、何時ポックリでも可笑しく無い状態、でも多くの老人が、望んでいるのが
「ピンピンコロリ」こんなに旨く行けば苦労しない、殆どが苦しみ抜いて死ぬんだから。

現在値上がりしたのに、煙草と縁が切れない貴男・貴女 即禁煙です、散々吸ってた
私が言えた柄じゃ無いけど、長生きしたかったら絶対禁煙です、「禁煙外来」へ行って
禁煙に成功する人は約半分位、残りはまた吸ってしまった人達、この禁煙外来で
使う薬「ファイザーのチャンピックス」唯一保険適用です、但し12週間で失敗したら
1年の内の残りは保険が効きません、自費になります。
http://prohibition-smoking.blog.so-net.ne.jp/
http://www.knack4life.com/no_smoking/
保険適用が12週で大凡¥20,000 もし失敗すると残りの9ヶ月は自費で¥60,000
も掛かっちゃう、1年を経過するとまた12週間だけは保険適用になる、何れも3割
負担での話。

今回の値上がりで禁煙したい人が増え、禁煙外来に殺到したため、「チャンピックス」の
在庫が無くなり、次の入荷は来年1月以降、従って現在は何処の「禁煙外来」も
新規は受付停止してます、チャンピックスは「ファイザー」の製品、私も自分の意志で
禁煙に踏み切ったけど、7日目辺りから禁断症状が出始め、くじけそうになった為、
禁煙外来を利用しました、でも4週目位で禁煙出来る自信がついたので、薬の服用
を止めてしまった、だからこの「チャンピックス」が42錠目の前に転がってます、でも
これを他人に例え無料でも上げれば「薬事法違反」で逮捕されてしまうから出来ません。

タイトルの本題は「菅内閣」のふがい無さを述べる積もりだったけど、その話まで到達
出来なかった、まだ晩飯も食べてない、ひとまずここで終了、続きは明日以降に
危機感の無さに呆れ果て、この記事に触発された結果のカキコでした。
http://diamond.jp/articles/-/10244
posted by ゆきずり at 20:23| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

本を安く買えるのは助かる

ここんとこ専ら「Amazon」のマーケットブレイスに頼りっ切り、余程の新刊本でない限り、結構安い。

しかもちょいと見では全くの新品同様、帯まで付いて@1円、結局送料共341円、これは有りがたい。

ここんとこ、341−500円クラスは、
「クレパスの色が見分けられますか」
「どうしてみのが見えるのか」
「東京湧水、せせさらぎ散歩」
「みんな知りたい、遺伝のはなし」
「ひっつき虫」
1000円止まりでは
「森 有正先生のこと」
「語り出すオプジェ」
「眼科オピニオン 色覚異常」など

だけど思うに{@1円」なんてのはどうやって利益を出すのかねぇ、数でこなすのだろうけど、それにしても不思議な商法だね。

語り出すオプジェ.jpg

画像0725 086.jpg

ハケのせせらぎ




posted by ゆきずり at 08:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

ろこ さま

呆けてしまってmixiのルールも忘れてしまいました(笑)

「ろーとる」です。
posted by ゆきずり at 19:21| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。