2010年12月08日

お医者さま

12/4の下の方「今度は、どうだぁ」の最後の方に「兵庫県尼崎市の「ドクター和」こと長尾和宏医師が町医者目線で熱く!語るブログ」のリンク張らせて戴いてます。

最初は「誤診シリーズ」を読んで爆笑してたんだけど、もし掛かり付け医で駄目で何時も行ってる公立病院で駄目だったら、新幹線に乗ってでも、この先生を訪ねて行ってみようと思う様になった、数時間待ちの5分診療になれてしまってるけど、この先生のBlogを見てて、しっかり問診をして呉れるみたいね。

正直な所患者の話をしっかり聞いて呉れる医者にお目に掛かった事がない、確かに医者の側にも、それぞれ事情が有る事は判ります、特に新規開業して1−2年は「火の車」とゆうか、その心労は大変でしょう、最新の医療機器・CT(町医者)でCT持ってる所は少ない、スタッフも結構大勢、医師は自分一人、バリアフリーで・明るく・清潔・いったい開業にどの位掛かるんだろうか、全然見当も付かない、億の単位でしょうね、とゆう事は、それまで勤務医だったから、全部自己資金なんて無理、銀行からの借金、金利だ、スタッフの給料だ、電子カルテ関連のハード・ソフトなんてetc・・・ 患者を出来るだけ集めて土曜日も1日やって、いや考えてみたら、気の遠くなる様な環境ですね。

勤務医は患者が後から後に、ひっきりなし、外来は大変だなぁとつくづく思う、だから結局5分診療になっちゃう、午前中の受付は11:30で終わりが診察が終わるのは午後1時をはるかに回っちゃう、昼飯なんて、とんでもない状態、午後は午後でやれ手術だ、病棟の回診だ休む暇もない、それでリスクはついて回るから、運が悪いと、医療事故、やれ訴訟だなんて始まっちゃうとお手上げ、お察しします。

まだ続きますが、もう寝なきゃ、明日は掃除の専門業者が09:00の約束になってるから、続きはは明日書きます、したがって中断。
posted by ゆきずり at 01:27| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。