2010年12月02日

色覚異常の見え方

5/19の「色覚異常と遺伝」の最初の部分のリンクの中の「色覚異常ダイジェスト」クリックして。

色覚異常は遺伝によるものです。ですから顔かたちと同じようにその人間に備わった様々な資質のひとつにすぎません。色に関する困難は、色覚異常である本人の注意深さや周囲の人々の理解によって多くの場合は解決できるものです。


▲ 色覚異常とはどのようなものか  このリンクをクリックして下さい。

素人的には2001年の記事、ちと古いけど、「2CH」の記事が結構有用に感じます、けど病気だから治るとゆう意見と遺伝子レベルの問題だから、病気じゃない、従って治療とゆう言葉は存在しない、まあ3:7位かな、病気だってゆうのが3で。

私は遺伝子レベル派で、病気じゃない、血液型がA型の人をB型に治療とかなんとかで変えるなんて、殆どの人が「そんな事出来る訳がない」と思ってるとゆうか常識だと理解してますよね、この色覚異常も遺伝子レベルで「可視光の波長の範囲」がずれてる。或いはある色を見る「錐体」が無いかまたは感じ方が鈍い、紫色 400〜440nm  青色 440〜500nm  緑色 500〜575nm  黄色 575〜595nm  橙色 595〜640nm  赤色 640〜700nm  大凡こんな範囲らしい。

個人差が相当有って厳密に区分出来ないらしい、JIS規格では
JISZ8120では短波長側は360nm〜400nmで長波長側が760nm〜830nmとなっています。だけと現実に800nmが見える人はそれこそん十万人に一人みたい。

大体「色」とゆうのは、物体じゃない、めの網膜から視神経を通って脳に行って、脳で色とかんじてるんです。詳しい事はとても難しくて理解出来ません、慶応大学名誉教授で現在84歳ご存命かどうかは判りません、「村上元彦先生」が書かれた「岩波新書」で「どうしてものが見えるのか」とゆうホンを1995年に書かれてる、第八章まで有るけど何とか理解出来たのは第三章の始め辺りまで、そこからは私の頭脳ではついて行けません、いま手元に有りますが(笑)

もし関心のある方はAmazonのマーケットブレイスで¥1で6社から買えます、メール便で配送料は¥250 従って代金は251円です、大体発注して2-3時間で「ページャーナンバーをメールしてくるから、それで真夜中でもNetBankingで支払いすると3-5日でメール便だからポストに入ってます。私も1.5年位前に¥251で買いました、銀行の「ページャー」で前払いですけど、ページャーは手数料が掛からない、ATMでも出来る筈、私はNetBankingでしたけど。

Amazonの中古品はとても綺麗でUsedとは思えないものばかりで、ここ1年の間に¥1で10冊以上買ってるかな。

後 「クレパスの色が見分けられますか」今AmazonでCheckしたら、¥1は無理だった、¥379 前後が3社、メール便¥250で¥629、定価は¥1,854 改訂新版 平成6年8月刊行、この下の「視能訓練士」が国試を受ける勉強をしてた時に、教師の一人がこの本結構参考になるよと薦められたとか、だから初版は相当古いらしい、初版にはカラーの口絵が有ったそうだけど、この私が持ってる改訂新版には口絵は全く無い、多分色覚異常に関する本なのに健常者でないと正確に認識出来ないカラー口絵は「可笑しい」矛盾してるとクレームが有ったのではないかと私は想像してます。
Blog仲間の「視能訓練士」厚生大臣傘下の国家試験で、日本全国で8000人位しかいない、殆ど大きな病院にいるみたい、曰く国家試験が難しいのに給料が安いってこぼしてました(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/swdsn/MYBLOG/guest.html?p=1
ここのゲスブで「ろーとる」ってのが私です、私が白内障の手術をした病院の眼科の医師は「日本眼科学会」の専門医です、専門医は5年毎に国試なみの試験が有ってそれに合格しないと専門医を標榜出来ない仕組みになってる。

サルが見た色の世界 色覚の進化をたどる
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0907/200907_064.html#author
英語が得意な方はこちらを、リスザルでの実験
http://www.nature.com/news/2009/090916/full/news.2009.921.html
これを要約したのがこちら
http://infohdc.blog55.fc2.com/blog-entry-992.html
京大山中教授のIPS細胞の過程でウイルスを使って遺伝子を操作云々、とゆうくだりが有った様な記憶が、このリスザルの場合もウイルスを使って赤なら赤の遺伝子(錐体の遺伝子か?)を注入して成功したみたい、ただ私は素人だから違ってるかも知れませんね。
こうゆうQ&Aも
http://okwave.jp/qa/q4068607.html
ここでアンサーの中で「本当に知っていますか、知っていたらこうゆう質問は出ません」とゆう答えを書いたのは私です、一寸口幅ったい言い方をしてしまい反省してます。
http://okwave.jp/qa/q4050984.html
ここのベストアンサーは私です、こんなに喜んで戴いてアンサー冥利に尽きます。

寝なきゃ、なんていいながらまた午前4時になってしまった、今度こそ寝なきゃ。











posted by ゆきずり at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20-30年昔の話

【Q&A編】 結局のところ寿命が長いのはどのメディア?

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/knowhow/20100917/1027552/?f=tok1
但し会員登録しないと、最初のページだけしか見る事が出来ない、登録は無料だけど、結構詳細な個人情報を要求して来る、まぁ、現世代では仕方が無いのか、それにしても一寸きつい、「日経」だから個人情報を漏らしはしないだろうけど、あちこちで個人情報の流失が多すぎるんじゃないの。

尖閣の件でもそうだけど、私用のPCが公的とゆうか業務のNetworkにいとも簡単に接続できてしまうのが、不思議、製造番号とか、固有の複数は存在しないデータとかが業務のサーバーに登録されて居なければ、跳ねちゃうとか幾らでもやりようは有ると思うんだけど、そしてこれだけ騒がれてるのに重要な業務についてる人間が、安易に所謂「ファイル交換ソフト」DLしている。

例えばWinnyは2002年5月に公開された日本製のファイル共有ソフトであり、匿名ファイル共有ソフトの草分けでもある。WinMXの利用者が逮捕されたことで、違法な共有を行っている利用者を中心に動揺が広がっていた時期であり、多くの利用者が匿名性を持つWinnyに乗り換えたといわれる。ACCSの実態調査では、2003年に「利用したことがある」が22.8%だったものが、2004年には「最もよく利用する」が40.3%と急増する(同年のWinMXは57.6%)。その後は減少傾向に転じたが、前述のWinMX公式サーバ閉鎖後の2006年には「主に利用している」が33.3%とWinMX(24.5%)を初めて凌駕して国内最多となった。

条件に合うファイルを片っ端から自動でダウンロードさせる地引と呼ばれる利用方法を初めて提案した。BBS機能も持ち、その用途でも利用されていた。マルチバイト文字に対応しているがUnicodeには対応しておらず、またローカライズが困難な仕様だったため、海外では殆ど普及していない。当時、匿名性が絶大に信頼されていたものの、2003年11月27日に著作権の侵害を理由に利用者から逮捕者が出たことで、Winnyの開発は停止した。翌年、2004年5月10日に著作権の侵害の幇助を理由に開発者も逮捕された。現在では解析が進んでおり匿名性は破られてきている。

Winnyは技術的なことも含め様々な点で特徴的であり注目を集めた。国内では初めての実用的なピュアP2Pネットワークソフトであったことも、その一つである。Winnyの影響を受けたソフトウェアも多い。

ピュアP2Pモデルを採用しているが、Gnutella等よりファイルの検索機能が効率化している。転送する時、ファイルをそのまま転送するのではなく、キャッシュと呼ばれるデータに変換してから(あるいは変換しながら)転送を行い、必要に応じて復元する。その際、一定確率で転送の中継を行うことで匿名性の確保を図った。BitTorrentと同様にダウンロードしたキャッシュは自動的にアップロードされるが、キャッシュは原則Winnyが管理し利用者は関与しない方針により、BitTorrent以上に徹底している。キャッシュは暗号化されているため、利用者は自分のノードが何を中継したか分からないようになっている。(実際には特定のツールで知る方法がある。

コンピュータにインストールされるP2Pアプリケーションは、目的や用途を問わず、インターネットに対しポートをオープンにしてサーバ的動作をする場合が多い。また、クライアント的な動作のみであっても、いずれにせよアプリケーションにバッファオーバーフロー等のセキュリティホールが存在した場合、アプリケーション同士が常時接続している場合が多いだけに、ワーム、ウイルス等が急速にP2Pネットに感染拡大する脆弱性を持っている。実際にWinnyやShareなどをインストールしたパソコンから個人情報が漏洩する事件や機密情報漏洩事件が多発している(「暴露ウイルス」の項も参照のこと)。

Winnyなどにおけるウィルス感染・個人情報漏洩は、WinnyなどP2Pソフトの脆弱性によるものではなく、通常のウィルスと同等のセキュリティ対策を行なっていれば、対応できるものである。

出典はウイキペディア

なのに重要な業務についてる人間が、安易に所謂「ファイル交換ソフト」をDLしているのは、「自分は詳しい、そんなのには引っ掛からない」とゆう自信過剰なのか、「セキュリティ」に関心が全く無いのか、でもそんな事あり得ないよね。

私の場合PCはもう30年以上やってる、しかし全くの趣味でSEとかプログラマーの様な職業をやってた訳じゃ無いから、素人の域を出ない、上記の資料はチンプンではないけど、といって完全理解にはほど遠い、だから「セキュリティ」の危険の有るものには近寄らない、従ってウィルスに感染した事は1度も無い、IBMが「PCDOS」って言ってた頃からだから、Internetなんか存在してなかった、だから電話線を使ってパソコン通信をやってた、当時はプロバイダーとゆう言葉も存在しなかったけど接続業者はNECの「PCVan」だったかな、それと富士通の「Nifty」だけだった、速度は300Bps、300だよ、現在100Mのフレッツは100Mとゆう事は「100,000,000Bps」だから如何に遅かったか、でもちゃんと話は出来てた、それが1200Bpsになり、ISDN−>ADSL−>光 となって来た。

ISDNの頃からルーターは使ってた、PCは1台だけど、ルーターのNAT機能で最初のセキュリティとし、そのあと「カーテンウォール」やらなんやらとセキュリティソフトで凌いで来た。でもPCDOS」じゃなくて、ずーっとNECの98シリーズだったからCPUがペンテの初期120M位までNECの98シリーズ、で「MSDOS」でExcelなんかまだ無くて当時は「Louts」全盛で、マクロを1000行なんて書いて、「芸は身を助ける」で趣味を業務に生かしてPC業務をしてた、記憶に有るのはその頃はPC-8801だったと思う、その後「PC9801E」を購入、まだHDDは無くて、8インチのFDを買った記憶が有る、価格は40万円位した。

PC-9801E 1983年11月
μPD8086-2(Intel8086互換) 8MHz、8インチ、5インチ2D FDD I/F搭載、漢字ROM非搭載…(漢字表示にはオプションのPC-9801-10ボードが必要。第二水準漢字表示にはオプションROMのPC-9801-12/Kが必要,拡張漢字表示にはオプションROMのPC-9801-18が必要)

5年くらい使って買いましたのが
PC-9801RA/RX前期 1988年7月/9月
5インチFDD搭載、大型筐体、FM音源なし。CPUはRA2が80386DX/16MHz、RX2が80286/12MHzを搭載。 次が。
PC-9801FA/FS/FX 1992年1月(FA) / 5月

1990頃「DOS/V」が上陸してきて98シリーズは終焉に向かってた。

確かCompaqかHPだかを買ったと思う、その頃はDOSとWin3.1が共存してた、家ではDOS/V、パート先ではMSDOSだった、会社ではまだ無線LANは存在しなくて、有線LANで業務で使って会社の構内の建物を繋ぐLANCableは電柱を利用してた、ルーターは国産は作っていなくて、アメリカ製だったと思う、私が関係してた部署での相手の会社は富士通のFM機を使ってた、でデータの遣り取りはFDで98シリーズ系のFDだから1.2MB、自宅で使ってたDOS/Vは1.4MBで互換性は全く無いので、ともかく不便とゆうか、会社の仕事を家へ持って帰ってやるなんて互換性が無いから不可能でどうしようも無かった。

駄目だ、もう午前様、また尻切れとんぼ、寝なくちゃ、後はまた後日
posted by ゆきずり at 00:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。