2010年12月06日

12/1の「広辞苑」で「敬意」を引いてみろ

12/3に臨時国会は閉幕した、しかし参院に提出されていた「懲罰動議」全く採決されなかった、これは「取るに足らない」ことだからって不問に付したのか、絶対許せない、世界中の笑いものになってもいいのか。前代未聞の珍事だ、1947年にマッカーサの圧力で廃止された「不敬罪」、マッカーサーの言い分にも一理は有るが、それぞれ国によって慣例・礼節・表現は違う、もう復活してもいいのじゃないか。

国旗・国歌を無視するグループがいる、思想・信条の自由をはき違えていないか、日本国民じゃない。日本から出て行って貰いたい、幾ら中国その他の反対があっても、内閣閣僚は「靖国神社」に参拝すべきだ、戦犯が合祀されてるのは結果論に過ぎない、彼らは国の為に闘い命を落とした、何処が悪い、その時の事情でそうせざるを得なかったのだ、そんな例は鎌倉・江戸時代だって沢山有る、要は例えどんな反対があろうとも、国交が可笑しくなっても毅然たる態度を示せばいいのだ。

へなへなと「洞ヶ峠」じゃ有るまいし、右顧左眄してるから舐められて仕舞うんだ、尖閣がいい例じゃないか、一地検に国家の大事を任せるなんて、冗談じゃない、検察におっかぶせて自分たちは逃げたんだ、、支持率が1%になっても政権を続けるなんてのは政権を私物化してる、何物でもない、99%の国民が「NO!!」とはっきり言ってるのに背中を向ける積もりか、そんな政治家が今まで、いたたろうか。

威あって猛からず
http://www.relnet.co.jp/relnet/brief/r12-248.htm

内閣不信任の国民投票制度があってもいいじゃないか、財政が逼迫して財源が無いのに、どんどん新たに出費してる。こども手当は従来の儘で、まず待機児童をなくせ、そうすれば有能な労働人口が増えるだろう、生産性も上がる、ひいてはGDPも、現実はそう単純ではないけど、老人ばかり増えて生産人口が減れば、自明の理じゃないか、ん十年先には我が「日本国」は消えてしまう、それでもじぶんさえ良ければいいのか、問い質したい。大体「少子化担当大臣」はどんな仕事をしてるのか、途中経過をたまには報告せい。

私も含めて国民のイライラは頂点にたっしてる、40%の法人税が10−>5−>3と国の収入が減るのはわかりきった事だろう、どっかで穴埋めすれば結局つじつま合わせでなんの価値もない、誰だって収入が減っちゃう税金は払いたくない、ででも「国破れて山河が有るか」? 消費税の論議を始めていいのではないか、収入をふやさなければ、破産だ、破産すれば超インフレだ卵1個10万円なんてなったらみな死ぬしかない。

なんでも嫌な事は先送り、昔から言われてるじゃ無いか、嫌な事は最初にやる、これが鉄則だ。

毎日憤懣やる方ない、日本人はおとなしいから声を上げないだけだ、他の国だったら暴動が起きてる、為政者は胆に命じなければ駄目だ。
posted by ゆきずり at 13:08| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

Tag・Html、耄碌したのか、旨く出来ない

もう駄目なのかなぁ、Helpを見、Htmlの本をひっくり返して見たけど、結局理解力が落ちてるんだろうな、よく判らない所が結構有る、今現在そうなっているのだが、画像を挿入すると「サムネイル」になって、記事が画像のサイドに回り込んでしまう、「中央寄せ」つまりCenteringを設定してるのに、回りこんじゃう。

それで画像の大きさとゆうか、ピクセルを幾分小さくして、サムネイルじゃなく原本を挿入する様にしたら、全体のレイアウトが崩れてしまって、サイドの最後に全体が「左寄せ」で表示する様になってしまった、だから画像の最大横幅が何ピクセルなのか、目を皿の様にしてHelpをみたけど、判らない、これって常識的に決まってるのかしら、だから最大ピクセルを表示しなくても、画像を扱う奴はそんな事「常識だろ」ってゆう事なのか、誰か「コメント」してくれないかな。

83歳じゃ無理なのか、たしかにもう長い事タグなんてやってない、耄碌して忘れてしまったとゆうより、そもそも初期の勉強の仕方が不味かったのかな。

う〜ん、畜生!! 何とかしたい、また一から勉強か、このシーザスはFontが小さいから、記事が読みづらい、大きくするにはどうしたらいいのか、どっかに書いて有る筈なのに、見つけられない、で他のBlog 例えば「はてな」なんかはHelpでHtmlが結構詳しいでも、私じゃ理解出来ないとこが有る、何処のBlogだって所詮はHtmlで書いてるんだから、仕方が無いけど。

私が持ってるHtmlの本は1998/12発刊の「誰にでも出来るHTML入門」、まぁ新刊だってAmazonなんかで簡単に見付かるから、でも1998年と2010年とそんなに大きくなんか変わって無い筈だ、だから古くったって問題無いと思うけど、違うかな。

当時Blogなんかなくて、もっぱらHomePageを如何に作るか、IBMの「ホームページビルダー2001」もこのPCの「Program Files」の何処かに入ってる、一頃はHP作りがはやってたから私も確かYahooだったかな、やってた、まぁ結果論だけど、Yahooは「入り易く退会し難い」ので嫌気がさして、もっとも企業たるもの「利益の追求」が最たるものだけに、もう契約打ち切ったけどCATVは加入するのはいとも簡単だけど、解除はいい顔しない、時にはなんだかんだ言って、引き延ばす、(そうゆう場合は地元の警察署の「生活安全課」名称は警察に依っては違うかも知れないけど、「かくかくしかじか」と言えばすぐパトカーがすっ飛んで来る、一発で解決)加入してから最低6ヶ月は退会しても「戴きます」って言ってる、以前から何で、壁にデジタルが来てるのに、CATVなんか入って¥72,000/年も払ってるの? って馬鹿にされてた。

総務省の「CATVのデジアナ変換」が具体化し来年3月頃には実現するみたいね、私は元々TVは余り好きじゃない、だからTVなんか無くったって平気って感じ、だからCATVのSTBが500GBの2TunerのHDDをレンタルしてても、2/3位は埋まってる、とゆう事は録画しても見てないから、溜まっちゃう、1と3CH、あとはBS1-3Ch、だけ、後はWBSだけ、キャスターの小谷真生子が娘の3年だか先輩なんで、とゆう訳じゃないけど、好感を持ってた、さすがに、これだけ長いと多少うんざりもする(来年は降板だとか)。

何しろ今使ってるTVは勿論CRT、SONYの新品だったら高価な製品、16インチでRearにRGB端子なんか出てる、その他端子のオンパレード、中古で買って結果として20年以上じゃないかな、「SONY」が使用禁止を発表してる型番の中に確か有った筈、だけど新品のCRTに全く遜色ない動作で全く不満は無い、たださすがに火事が怖いから、見ないときは電源ケーブルをコンセントから抜いてる、電源に入ってるコンデンサーだって当然経年劣化するだろうから、何時火を噴くか判らないから。

で最近「デジアナ変換」の話を聞いて「総務省」HPを見たら確かに、それで25インチのアナログCRTTVを¥3.200で買った、16インチのSONYは何れ処分しなければ成らないけど、取り敢えず押し入れに、¥6,500のリサイクルが痛いから(笑)(不法投棄なんかしないよ、だって16インチなのに、すげぇ重い、不法投棄なんて出来る訳が無い、でも増えるだろうな、リサイクル料金が馬鹿らしくて、不法投棄する奴が))だから、BSのTunerだけを買えばBSは見れる、まぁDVDだブルーレイだってレコーダーを買うなら、さっさとそれなりの液晶にしてしまえばすべて解決だけど、6/7月になってどうなるか、価格が暴落するか、それを待ってるのが現状(笑)、ただ現在独立家屋で屋根にアンテナ上げてる人は、今工事しないと、直前じゃPartsはないわ、人は足りないわで、工事代金の値上がりは必至、値上がりだけじゃなくて工事自体がもの凄く遅れちゃうと思うよ、さすがPCをやってる人はそんな事は無いだろうけど、結構地デジのTVを買えば即見る事が出来ると思ってる人は5割とは言わないけど4割くらいは居るんじゃないだろうか、VHFとUHF、方角が全然違うし、仮に現在UHFを見てたってまるっきり違うんだから現在のアンテナで見れるなんて、ちゃんちゃら可笑しい。

現に私の娘夫婦も暴落を待ってる口、勤務先でPCを駆使してるから(自宅にNet環境が無い、旦那がPC嫌いなんだって、だから誠に不便、携帯メールじゃ女子高校生みたいに親指だけで、スイスイなんて訳に行かない、仕方がないからPCから携帯に送るんだけど、これがOutlookExpressだと、まぁFreeMailでも似たようなもんだけど、誠に不安定とゆうか、すぐ着信が当たり前なのに、全く着かなかったり、10時間も掛かったりする、この件でプロバイダーと散々やり合ったけど解決しない、相手っていっても99%家族だけど、寝る時携帯の電源切り忘れたり、マナーモードにしてなかったりすると、真夜中にメールの着信音が鳴り響いたりってな事、怒られちゃう、だからPcからの場合は先ず、自分の携帯に送って着信したら、それを家族に転送するやり方にしてる、面倒だけどしょうがない、それに携帯で入力なんて長文だったら途中で投げ出しちゃう、FreeMailもいろいろ便不便が結構有る。GMailなんて70GBを豪語してるから確かにSpamだってごみ箱だって振り分けさえ、ちゃんとすれば問題ないけど、Spamの料が半端じゃ無い、これはHotMailも似た様なもの、YahooMailはBlogもそうだけど、セキュリティが五月蠅い、以前は「gooMail」使ってたが今年の始め頃急にセキュリティが厳しくなって使い憎くなったので、ExciteMailに変更した、ExciteMailは軽くてサクサク動作してバッチリなんだけど、難点は送信文字数が500文字でOut、越えちゃうと「too long」でエラー、だけどOutlookに「着信通知」が設定出来るからとても楽チン、その代わり「軽い」って事は容量がたったの4MBだから、送信確認BKなんか、うっかり残してるとあっとゆう間にパンク、だから送信は「GMail」受信は「Excite」だから相手には「返信」はしないでと言って有る、結構投稿サイトなんか文字数が500文字の制限が結構有る、YahooBlogのゲスブやコメントも500文字だし、OKWaveも制限が有る、それも越えた時「TooLong」と言って戻って呉れるなら、修正するのに、ぶっ飛んでしまう、だからワードパッドなぞで書かないと泣きを見る、長文を2度なんて書けないよ、文字数をコピペで勘定して呉れるサイトを愛用してる(笑)
テキスト文字数チェックツール・リアルタイムコルクマ | スタンダード・デザインラボ
http://designlabolatory.blog16.fc2.com/blog-entry-74.html

もう30年以上もやってるから「かな入力」ローマ字入力も出来ない訳じゃないけど、「かな入力」になれ切ってるから、間違って隣のキーを押しちゃうと、ローマ字入力じゃ考えられない「珍言葉」になっちゃう(笑))でもアンテナ工事だけは、早く申し込まないとOutだよとは言ってる、独立家屋の屋根だと、一工事にまずは三人は必要、平屋ならともかく2Fだ3Fだなんてなると三人は絶対必要、最近じゃ3Fの木造家屋なんて珍しく無い、てな訳。

ありゃまたしても、晩飯食ってない、また例の「後日」だ(笑)、ひとまず終了、話が終わってない。




posted by ゆきずり at 21:26| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

JR201系

画像101017_2 551.jpg



10月17日:中央本線 豊田 - 松本間にて臨時列車として運行[37]。中央本線を走行する最終運用となった。
出典 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%84201%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A


http://space.geocities.jp/saroe232/tota201.html
http://www.youtube.com/watch?v=mAe4hmGtS7I
http://www.youtube.com/watch?v=Id7rknTLD8Y&NR=1
http://www.youtube.com/watch?v=fncn4T1VfNA&NR=1
http://www.youtube.com/watch?v=8Met0u0Rmh0&NR=1
http://www.youtube.com/watch?v=tzpzPQZo4KU&NR=1&feature=fvwp
http://www.youtube.com/watch?v=0cN-wWYwm6c&NR=1
http://www.youtube.com/watch?v=P_cDxVB2M84&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=vdZP4lDsvQ4&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=MF3unxr5f-Q
http://www.youtube.com/watch?v=p0h2GV7kWiE&NR=1&feature=fvwp


「静脈瘤」で足が痛いのに、自転車なら何とか走れるので、201系最終走行を見に行った、ポイントになる様な所は三脚がズラリ、カメラの放列「すげぇ〜」ってたまげた。

私は所謂「鉄ちゃん」とゆう程じゃないけど、でもうんと昔30代の頃から(50年前、その頃には鉄ちゃんなる言葉なんて無かった、でも鉄道を撮ってた奴は居た、当時カメラなんて高価で、私なんかとてもじゃないが、買えなかった、確かライカで撮って奴を見た、ライカなんて現在だったら、100万円相当だと思う)好きな部類で専ら地図上で旅行してた(笑)

手持ちのCanon EOS Kiss_Digital レンズは 28−80mm Zoom 3.5-5.6
下手くそでピントは合ってないし、手ブレもひどい、こんな写真Blogにほんとは、恥ずかしくて載せられないんだけど、最終だから最後の映像、この電車松本駅に到着後、長野総合車両センターで解体され、11/02に解体終了したそうな、こんな大きなものが半月でバラバラになっちゃうなんて。

今画像明細みたら、とてもじゃないけど、大きすぎて駄目、Adobeで細工しないと、一応文字だけでONにして後で修正で画像載せます。

328KB 3072X2048ピクセル これじゃ全然駄目。

後は付け足しで
さよなら中央線201系H7編成 ラストラン山梨そして信州へ 中央線201系最終編成引退: TOMOの鉄日誌
http://tomo-jrc.cocolog-nifty.com/tetsu/2010/10/post-6671.html
ハイパーセントラル21号のブログへようこそ - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/takemas21/archive/2010/10/17
1日1鉄!掲示板
http://9107.teacup.com/railman/bbs
レイルマン中井の1日1鉄! powered by ココログ
http://railman.cocolog-nifty.com/
ローカル写真日記2.0 惣郷川(そうごうがわ)橋梁
http://natubou2.blog81.fc2.com/blog-entry-84.html
この惣郷川(そうごうがわ)橋梁は山陰本線の「須佐」「宇田郷」間の淋しい日本海に面した場所で鉄ちゃんには有名な所らしいです。

私が10−20年位前に「ロト6」が出来る前に「Number4」の予想に凝ってた、結局ものにはならなかった(笑)時の仲間で「須佐」に住んでる方と日夜楽しんでいました、この方がある時道ばたに生まれたばかりの子犬が捨てられてたので、可哀想にと拾って飼いい始めて暫くたったら、どうも犬とは違うらしいと、結局「狸」だったんです、でも最後まで面倒みたBlogがこちら、何ともほほえましい、世界です。
たぬきのポチと犬のペコ
http://blog.goo.ne.jp/siroboshi/

後は有名な牛山さんの秘境駅
秘境駅へ行こう!
http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/

小海線 キハE200 ハイブリット

此処にキハ200の画像乗っけてたんだけど、自分で撮影したんじゃない、誰かの画像、著作権侵害になっちゃうから削除しました。


鉄道から車へ  スカイラインGT−Rは有名だけど、それ以前の只のGT、sideのGTマークがブルーの奴、4ドア4MT SUTwinだったかな、Cabだったかも中古で買って7−8年乗ったと思う、もうはるか昔の事なので記憶が定かでない、今じゃ「林道走破」は普通だけど、当時は奇異の目で見られてた、「峰越林道」中央線「塩山」から「恵林寺」の脇を通って牧丘町塩平を起点に「焼山峠」「金峰泉」「大弛峠」海抜約2,500mを越え、千曲川に合流する「金峰山川」に沿って下り、「川端下」を経て梓山手前の「秋山」に至る全長30Kmの林道が開通した数日後に行った、全線オフロードもいいとこ、如何に腹を擦らないで行くか、それでも随分「ガリガリ」やった、。

年代はもっと前かも、アマチュア無線の免許を取って1−2年位だったか、当時は7Mc/sだけ、しかもVFOなんて無かった、クリスタルだけ2周波数、7050・7087.5のspotのみの免許。LongWireで栃木県の「大平山」頂上付近まで車で行けた、でも最後の数百米はすげぇ急坂、車は確かクラウン1900の3段MT、オートマなんか無い時代、で最後の急坂はLowGearでも駄目スリップしちゃう、でBackGearで後ろ向きで300mくらい登った、ぬかるんで何度填ったか、長靴も手も泥だらけ、そんな馬鹿げた事をやって頂上でLongWireを張って移動通信をやった、送信機も受信機もすべて自作、当時は既製品なんてない時代、立川辺りの米軍の屑とゆうかごみを売ってる店通称「ジャンク屋」に通って値切り倒して全部自作、でも楽しかったなぁ、30代になったばかりだったと思う。

米軍ジャンクの無線機は全部「BC-342」とか「BC-221」とかすべてBCとついてた、{BC-221」は「周測」周波数測定器の略、これが凄い優秀な測定器でとてもじゃないが買えなかったけど、友達から借りたりして使った「6SK7」とゆうメタル管1本で、安定度抜群、これをVFO(可変周波数発信器)として使い、私は第二級で100Wまで、だけど第一級を持ってた先輩なんかは500Wまで免許が有った、でも500Wの電波管理局の落成検査は厳重で、スプリアス(偶数倍・奇数倍の電波の漏れ)周波数の安定度、BCI・TVI(ラジオやモノクロTV(カラーがまだ無い時代)に与える混信、下手するとTVが全く写らなくなる、何しろ500Wの送信出力は終段の真空管(直流で少なくとも2,500Vも掛かってる、感電でもしようものなら、まず気を失うなんて当たり前、電流が少ないから死にはしないけど)の付近で手に20wの蛍光灯のランプを持って50cmも近付くと煌々と光る位だから、TVなんか全く駄目、でもこれをClearしないと500Wの免許は下りない、大変だったよ。

送信機の出力菅は全部真空管、813で200W、アイマックの4-250Aで250W こりらはガラス菅、強制空冷でソケットから筐体まですべて金属製、出力菅も蜂の巣の様な金属とセラミックで出来た球「4CX-250A」なんかは2本パラレルにして500W、見ただけだけど「4CX-1000A」なんてのは1本で1KWでも直径が20cm弱くらい、でも「強制空冷」しないと40秒くらいでおしゃか、トロ〜ッと溶けちゃう、いまでも記念品の意味で、5894とか832A・4-125Aなんか持ってる、5894は周波数150Mhzで50W位でる双五極管、もう本当に「4-1000A」なんてガラス菅は芸術品的感覚、1本で1KWでるんだから、1KWって1000Wだから高周波で、電子レンジは2.4Ghzで750W位マイクロ波を使ってる、立派な高周波機器、無線LANが良く使ってる周波数がこの電子レンジとぶつかる、だから充分に無線LANの送受信機を離さないと電子レンジの出力がはるかに大きいからOUT、この2.4Ghz帯はいろんなものに使われてるから、難しい、一番の被害者は無線LAN。最近はもっと高い周波数帯に移りつつ有る。

大体アマチュア無線は30年位やってた、最後の辺りは公団の3階建ての屋上(平らな屋根)の上に荒っぽい事に3M位の鉄塔を建てちゃって28・50・144Mhzの3-8Elementのアンテナなんか建てちゃつて、それを回すローテーターも自作、やっぱり米軍ジャンクのギァだモーターだなんて屑を集めて来て友達の町工場で旋盤なんか自分で操作して削ったり、結構うまかったよ、旋盤工(笑)

4M位の高さから落ちて登る為のボルトに引っかけて股を20針も縫う様な怪我をして2ヶ月も入院したり、それでも止めなかった、公団も結構鷹揚で何にも言われなかった、ただ米軍のモーターは航空用で400c/s、それを50c/sで使うと連続2−3分が限界、それ以上だと焼損してしまう、方角を見るセルシンモーターも400c/sだから結構苦心した。

「mixi」で「フォト」に1978年のアマチュア無線CallBook 呼び出しCallSignの名簿厚みが1978年で5cmくらい有る、mixiは長い間開店休業状態、だからいいや、公開しちゃう
あ、駄目だ。メアドとPassを公開しなきゃ駄目なんだ、Passはなぁ・・・・・・

mixi99.jpg


でNECからTK-80とゆうマイコンボードがでたので、バソコンに転向、バソコンなんて言わない「マイコン」だった、一応基盤の原型は出来上がってるけど、配線をしてLEDなんて無かったからネオン菅みたいな数字菅を着けて表示、Programはマシン語、アセンブラーなど、その後Fortram・Basic等でやってた、でもCobolとかLispいろいろ言語が出来、CになりC++位で挫折ブログラミングは終わり、その頃はExcelなんかは未だ無くて、Louts全盛、マクロを1000行近くも書いて自動実行なんて、だからパソコンもかれこれ30年以上やってる、でも全くの趣味だからプロには叶はない、Audioも無線機もアンテナもマイコンもパソコンもカラーTVもオシロスコープも一通り自作して来た、もう齢83歳、直ぐ寿命が来る(笑)

今まで4回入院して、1回は出会い頭の衝突、両方とも全損、3回はすべて怪我、奥多摩有料道路が開通して間もなく400ccバイクでコケて足の甲の骨が白く見える程削っても、自力で奥多摩から帰って来た、日曜だったから医者は休み、翌日医者へ行ったら「無謀だ」って言われた、去年だったか、別に悪さをした訳じゃないのに「急性前立腺炎」になって夜中に発熱39.5度、悪寒・震え、でも朝自転車で医者に行ったら、やっぱり「無謀だ」って言われてしまった(笑)

そんな訳で内科で入院した事一切無し、白内障は左が10年位前で、超音波の手術で10分位、今回9月に右をやった、術前に結構重症だって、固くなってるから超音波が駄目だったら、そっくり取り出すなんて言われて、参った、幸い40分位掛かったけど超音波でなんとか、でも視力の回復は半年か1年は覚悟せよだって、結構左目だけで見てる様な感じだから奥行きが良く判らない、階段なんか気を付けないと踏み外す、なんか吐き気までは行かないけど気分が悪くなるので、臨時の眼鏡を作った、せいぜい持って二ヶ月、どんどん度数が変わって行くから、もう9月の終わりに作った眼鏡が変、だから最低の全部で1万円の眼鏡、をまた作る様だ。

平成20年に免許返納、適性検査は90点以上だったけど、二種なんで「奥行き検査」が駄目で、他人に怪我でもさせたら大変だから返納、でも最近「ちと早かったなぁ」と悔やむ事しきり、大型二種・大型自動二輪、勿体無かった感じ、昔昭和30年頃まで「オート三輪」があった、最大積載量が200-300Kg前輪が1輪、後ろが2輪、ハンドルはバータイプ、「ダイハツ」「くろがね」「みずしま」、「みずしま」は一番遅く三菱の水島工場群から名前をとった、この3輪の免許を持ってた奴は現在は皆「大型自動二輪免許」でも750cc以上は乗った事がない、カワサキの1200ccは触ったけどさすがに体力的に無理だと思った、ハーレーはちらっと乗った事が有る、アメリカンスタイルだから、結構安定感が有る200mくらい走って見ただけ。

タイトル通りの「思い付くまま つれづれ」を実践しちまった、もう終わりにしよう。

Amazon.co.jp: MIZAR-TEC(ミザールテック) キルビメーター ブラック MM-1: カー&バイク用品
http://www.amazon.co.jp/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E7%A3%81%E7%9F%B3%E5%B7%A5%E6%A5%AD-%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC-MM-1-%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC/dp/B0018QZCZI/ref=sr_1_6?s=automotive&ie=UTF8&qid=1285225642&sr=1-6

この「ギルビーメーター」が意外に便利、電池で動くデジタルの方が便利そうだけど、使い勝手はこのアナログが遙かに使い易い、電池の必要はないし、30代頃に買ったのが遂に壊れてしまった、結果的に延べ30年以上使ってた事になる、また買わなくちゃ。
posted by ゆきずり at 05:27| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5歳以下の乳幼児をお持ちのお母さん方へ

特に男子に好発、但し女子でも無い訳では無い。

その名前は「川崎病」 知識が有るか無いかで「生死の別れ目」になり得るから、知って置くべき。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E7%97%85
川崎富作先生が発見された病気で原因不明、世界中で「Kawasaki disease, KD」で通用する。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
この間に4行程転載した物が有りましたが「日経BP社」の記事で著作権侵害になってしまうので削除しました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
以下を見るには先ず
医学論文や診療に役立つ情報満載|日経メディカル オンライン http://medical.nikkeibp.co.jp/TOPF0000.action
に会員登録をして(無料で私の様な一般人で可)、見る事が出来る
会員登録すると「日経メディカルオンライン」とゆうメルマガが来る、結構専門的だけど、母親として参考になる記事が結構有る、たとえば9月に
2010. 9. 30
「日本人は3歳児でも塩分の過剰摂取例が多い」
とゆうのが有った、子供じゃないけど「ピロリ除菌後の胃癌に注意」とか11/16には
「ティーンエージャー、食塩摂取量を減らせれば50歳に達するまでの心血管系リ
スクが低下」など有意な記事が有る、会員でないと全ページは読めない。

何故こんな事を書くかとゆうと、私の孫が1歳直前に川崎病になった、幸い多少の知識が有ったから即119番、入院、治療して半月で完治退院した、当時は東京都指定の難病で治療費の補助が有った、発見手当が遅ければ死亡する例が結構有る。

孫は来年中学生、野球少年で日曜はどっかで必ず試合してる。

「子供は親の背中を見て育つ」と同時に親がおろおろしてたんでは子供は不安になってしまう、だから親たるもの、いろいろな知識を持って難問に対処しなければいけない。





posted by ゆきずり at 04:09| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この前の記事を修正しようとしたら

また、何か可笑しい、なまじっかん事をしてブッ飛ばすのは止めた、前の記事の画像はサムネイルだからクリックすればきちんと大きく表示されます。

私の禁煙の時間を書いたけど、あれは去年禁煙を始めて直ぐ、ネットサーフィンしてて見つけたExcelのシステムなんです、自分の好みに勝手に改造(計算式を変えたり、一を変更したりした)したものなので、今回オリジナルを見つけて作者のお許しを得ようと一生懸命探したけど、見付からない、それで、若し作者がこれをご覧になって「これ、俺が作った奴じゃん」と感じたら、即コメントして下さい、著作権侵害になるので即削除します、宜しく。

禁煙実行9.jpg

もう禁煙してるから、値上げ後の事なんかいいやって、値上げ後の金額に訂正して無いです、IF文を使って、「若し値上げしたらこう、でなかったらこれ」 なんて計算式が面倒だったから、とゆうか現役の頃は「Lotus」から「Excel」までマクロも駆使して楽しんでたけど、さすがに耄碌して計算式もうろ覚えになり、解説本を見ても理解力が明らかに落ちてる、現在使用してるExcelはVer.2002です、確かVer.2007からガラリと変わっちゃって、互換性も無くなった筈、今はVer.2010かな。

今度こそ寝なくちゃ、さっき娘から携帯メールが来て10:00でもいい?つて、助かる〜
07:00に起きれば何とか間に合う、今02:23 4時間しか寝れないけど帰宅してから昼寝すりゃいいやって、無職だもん(笑)
posted by ゆきずり at 02:25| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今度は、どうだぁ

危なかった、保存する所をヘマして危なくスッ飛ばすとこだった、ワードパッドになんとかCopyして無事だった、こんなに長いのぶっ飛ばしたら2度と書けない、ふ〜っ。

PCを再起動してやってみたら、やっぱり駄目だった、たった数行、また再起動、今度はどうかなぁ、祈るような感じ、でもワードバツドに落としてSaveしてあるから本文は大丈夫だけど、頼むよ〜〜〜

Blogの設定から見直して見た、どうも見えてないTag がだぶってるみたい、削除していまやってる、今度こそ。

Rankingの登録修正方法も忘れちまって18時頃から四苦八苦やっと何とかなった、で現在22:00 今はウィスキーのお湯割りをちびちび、これからチンして弁当、明日は別居してる女房を娘が車(真っ赤なWish)で心療内科へ診察に連れて行くので、当然私も一緒に行く、09:10頃迎えに来るから、早く寝なきゃ、連日午前様だから。

女性に多い「下肢静脈瘤」を患ってる、手術をすれば、まあ80%は治る、だけど腰椎麻酔をするから、私みたいに80歳以上で呼吸器疾患を抱えてるから手術は禁止、死ぬまで朝から寝る時まで、弾性ストッキングを履かなければならない、それも医師が指定した強度の物、幾ら馴れても朝起きてから飯の支度をする迄に1−2時間かかっちゃう、だから09:00に出るには朝飯を考えれば05:00に起きなければ間に合わない、只でさえ「基礎代謝量」に対してカロリーが足りなくて、ここ一ヶ月で5Kgも痩せて体力が落ちてる、腕力も、弾性ストは履くのに結構な力が必要、腕力が落ちてるから、大変なんてもんじゃない、体力が落ちれば免疫力も落ちる、悪循環、「肺気腫」はインフルじゃ無い普通の風邪でも引くと増悪して呼吸困難になる虞が有るからひやひや。

女性の方が長生きなのは周知の事実、地元に「ドトールコーヒー」が有るけど、ここは分煙だから結構混んでる、禁煙の席は女性が80%以上、喫煙の席は男対女の比率は6:4って所か、こんなに値上がりしても止められないんだよね。

去年の11月に呼吸器外来で「煙草を取るか、命を取るか」と言われた、それまで60年間吸ってた、だから今更人様の事なんか言える柄じゃない、でもやっぱり怖かった、それでスッパリ禁煙した、でも手遅れなんだ、「ブリンクマン指数」って知ってる?

一日の喫煙本数X年数 私は750以上、400以下ならまぁ何とか健康でいられるかも、600以上で100%がんになる、ただ個人差があるから5−60%位か、だけどなるかならないかは判定不可、運か、その人のDNAに依るしか無い、私の場合、今の所発見されてない、なり易い家系、つまり遺伝は結構関与するみたい、女房の家系はAll癌で亡くなってる、女房が同世代の最後のひとり、18年前に胃がんで「全摘」してる、だから昔は肥満度何%とゆう感じで結構太ってた、今じゃ40Kgに届かない、BMIだと16位か、ガリガリだ、健康な人の標準BMIは20−22だ、私が19.5位、たから娘には口酸っぱくなる程癌検診を五月蠅く言ってる、子宮癌・子宮頸がん・卵巣癌・肺がん・大腸癌、その他数え切れない癌がある。

アメイジング・グレイス(Amazing Grace)で有名な本田美奈子は血液の癌、即ち白血病で天使になった、このPCの中のMy Musicにも入ってる、何度聞いても涙が出て来る、だから娘には女房の遺伝子も入っているから、心配でしょうがない、私の家系には癌は殆どいない。

「煙草を取るか、命を取るか」って切羽詰まったから禁煙出来た、自分の意志で禁煙するのは至難の業、私でも禁煙10日目に禁断症状が出始めてくじけそうになって「禁煙外来」に行った、普通の禁煙外来はファイザーの「チャンピックス0.5mg」を1日1錠飲む、4日目から7日までは1錠を1日2回飲む、でそれまでは煙草は吸っていて構わない、でもこの1週間でものすごく不味くなる、そして8日目からスッパリ禁煙する、これで永久に煙草とおさらばだ、問題は個人差が有るから一概に言えないけど、10日目位から禁断症状が始まる、詳しくは検索して調べて。

この禁断症状を乗り換えられれば50%成功しつつある、大抵ここまでに脱落する、「ニコチン依存症」で有ると同時に長年の習慣性はそう簡単には抜けない、私みたいに切羽詰まっていても、時々なんかの拍子に物凄く吸いたくなる、3の単位、3週間・3ヶ月・3年・30年だってさ、どうまちがっても私なんか3年なんて危ない、多分死んでるよ。

この値上がりで、禁煙外来に殺到して肝心の「チャンピックス」が在庫が底をついてしまった、ファイザー曰く、次の入荷は来年1月だって、それまで全国の禁煙外来は新規受付停止だ。

私は途中から参加したから、煙草が不味くなる経験をしてないから、余計吸いたくなっちゃうのかも知れない、正規は12週間は健保適用で3割負担で2万円位、でも失敗すると1年間は保険は効かない、つまり自費だ、1年を経過すれば、12週間だけは適用になる、後は以下同じ、私は高齢者だから1割負担、でも結構高いなぁと感じて4週目位で医者を止めた、それでその「チャンピックス」が42錠手持ちしてる、薬も当然賞味期限か有る、まぁまだ大丈夫だろうけど、例え無料でも誰かにあげれば、薬事法違反で罪になる、たから捨てるしかない。

禁煙するのに「節煙」本数を減らす、全く意味が無い、「電子タバコ」「禁煙バイポ」だったっけかな、ともかくしがみついていたら絶対成功しない、止めると決意したらスッパリ止めなければ駄目、私が現在 23:15 379日23時18分禁煙してる、目の前から煙草・灰皿・ライター等全部すてる、家族から周囲・勤務先すべてに禁煙を宣言する、そうすれば男なら(女もいるか(笑))沽券に関わるだろ、もし吸ったら。

私は自分を戒める為に目の前に常に日頃吸ってた「KENT9mg」まふうを切ってない煙草を1個置いてる、もう賞味期限は切れてるだろう、でも絶対吸わないんだから賞味期限なんて関係ないよ、あのね、煙草を吸いたくなる環境を出来るだけ避ける、でも勤務の関係で「飲み会」「接待」断れないよね、下手すりゃクビに繋がるかも知れない、この就職難の時代に若ければともかく、30代以上だったらハローワーク行こうがまず職は見付からない、もし運良く有っても収入はガタ落ちだ、女房子供を食わして行けない、だから一旦決心したら断固禁煙だ、私の様に切羽詰まってからじゃ遅い、毎日死の恐怖と戦って行かなきゃならない、だから今このBlogを読んでる貴方・貴女、禁煙しましょう、自力で出来そうもないなら、1月になったら「禁煙外来」が再開する、そこへ行って頑張って下さい。

禁煙していいなぁと思ったのは、痰が絡まなくなった、五感の内の嗅覚・味覚が明らかに良くなる、只その結果食べ過ぎて太る、BMIには注意しましょう、自分の身体は自分で守るしかない、余り神経質になるのは良くないけど、少なくとも血糖値・Hb1A1c(ヘモグロビンA1c)何らかで年1度健康診断を受けてるでしょ、この指標は絶対有ります、肝機能・腎機能・胸部X線・検便・潜血検査等、すべて健康診断の指標です、例えば
http://www.w-clinic-sapporo.or.jp/contents/blood_check.htm
「血液検査の見方」です、漠然と健康診断の結果を見過ごしては駄目、バソコンやってるんだから、単にお遊びだけでなく有効活用しましょう。

画像をUpLoadする方法忘れてしまったなぁ、耄碌して頭もだいぶ鈍くなったのを痛感します、飛ばしちゃうと、ここまで書いてきて2度は書けない、一旦Blogを保存してから、「修正」の形で画像のUpLoadを験してみます、ああ、また午前様になってしまった、また後は、「後日」だ、毎回後日だ、情けないねぇ、ご勘弁。 


何とかなりそう、やっと今弁当チンして食べてる、結局晩飯が午前1時になってしまった、この分なら明日朝生きてそう。

kenkou99.jpg

私のMy Document の中のBookMark の中の「健康」フォルダーの一部をキャプチャーして見ました、参考にして下さい。

その中で「医学ノート Ver.1」はこれから医師の国家試験を受けようとしてる学生達がメモったノートの集大成だそうです、膨大なサイトで2000Page以上、まだ医者じゃないから確定ではないけど、国試を受ける直前だから、知識としては大いに参考になる、聞いた事も無い様な病名まで出て来る、何か具合が悪くなって医者に行く前に見て置くと参考にはなる、只ちと言いにくいけど、このBlogを見てる人の中にお医者さんが居たら勘弁して下さい。

医師は全部では無いけど、クランケが知識を振り回すと不機嫌になって、碌々診察しないか、他の医者に行けと言わんばかりの対応するのがいるから、知っていても余り知識をひけらかさない様にして下さい、「セカンドオピニオン」とゆう言葉を出しただけで、データ(レントゲンとかCT画像の貸し出し)を拒否する医者も結構いるそうです、無医村や離島で頑張っている、島の人達から神様の様にあがめられてるお医者さんも沢山いらっしゃいます、十人十色ってゆうじゃないですか、だからいろんな方がいて不思議じゃない。

アピタル_町医者だから言いたい!/長尾和宏_【211回】 頑固な便秘 (私のトンデモ誤診1)
https://aspara.asahi.com/blog/machiisya/entry/In98K7VfaC

この長尾先生の一連の誤診シリーズ、この1から10まで続く、申し訳ないけど爆笑してしまうのも。
https://aspara.asahi.com/blog/ArticleList.do?siteId=ff80808127677aa801278973111a075f

まぁ、覗いて見て下さい、もっと続くけど画像のUploadが成功したか確認してからまた後を。
posted by ゆきずり at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いや〜、危なかったなぁ

危なかった、保存する所をヘマして危なくスッ飛ばすとこだった、ワードパッドになんとかCopyして無事だった、こんなに長いのぶっ飛ばしたら2度と書けない、ふ〜っ。

再度やったらやっぱり駄目だ、デスクトップにワードパッドをSaveしてPCを再起動、これで旨く行かなかったらどうしよう、Blogを新規に作らなきゃ駄目かなぁ、え〜〜。

Blog Ranking は1017位だってさ、耄碌しちゃって
posted by ゆきずり at 00:25| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

耄碌したなぁ

USBメモリーの中にFreeSoft(*****)にPassを掛けた中に、いろいろな分野のID・Passwordを保存、常時はUSBメモリーは差さない、必要な時にUSBを差して、FreeSoftのPassをInputして開いて、自動入力したり、手入力したりして運用してる。

PCの中には、このUSBメモリーに入ってるIDとPassは一切入っていない、只日常それ程問題が無い(万一漏れても被害が生ずる事が無いサイトのIDとPass)はRoboFormを利用してる。

ここんとこ4ヶ月程Blogをさぼって、とゆうかやる気が起きなかった、なんでやる気になったかとゆうと、満身創痍になって何時ポックリになるかも知れない状態、と言っても「ちょい見」では元気そうに見えるらしい、でも日本人男子の平均寿命約78歳、私は現在83歳、もう5年もOverしてる、だから、まぁせいぜい頑張っても後5年がいいとこ、自分の寿命とゆうのは誰も判らない、DNA的には生まれた時に決まってるとかゆう説も有る、まぁともかく明日ポックリかも判らない。

「ピンピンコロリ」が理想、だけとそんなに旨くはまず行かない、殆どが苦しんだ揚げ句に死ぬんだ、私なんか「COPD」の中の「肺気腫」だ、現在は自覚症状は全くないけど、データ的にはステージUからVに入り掛けてる状態、「スパイロメトリー検査」で判る、最近は町医者でも内科なら簡易型のスパイロメトリーの機械が有る、せいぜい10−20万円位だろう、公立病院以上だとコンピューター制御の大型の機械で通称「肺機能検査」と言ってるのが、このスパイロメトリー検査だ、GoogleでもYahooでる検索すればToppageに出る、簡易型でも超大型でも原理は全く同じ、詳細は検索して見れば簡単に判るから省くけど、要は1秒間に吐く事が出来る空気の量を量る、計るんだ。

http://eichan.at-g.net/eichan/kensa/haikinou/spairo.htm

「FEV1」と「FEV1%」略称を正しく表示すると
Forced Expiratory Volume in 1st second となる、努力肺活量の何%を1秒間に呼出することができたかを表します、これが70%を下回ると、気道が狭くて息が吐きにくくなっているということがうかがえます。1秒率はピークフローとは違って被検者の呼吸筋力にはあまり依存しません。強制呼出を頑張れば頑張るほど気管支の炎症を刺激してしまい、吐くのが辛くなるので、1秒率は悪くなります、RV 残気量 できる限り呼出してもなお肺の中に残存する気量 この検査で測定することはできません、残気量を測定するためには、ヘリウム希釈法やN2洗い出し法、あるいは体プレチスモグラフ法などを使った測定方法が必要になります。

簡易型ではRVは不可能、超大型でも直接測定は出来ない、ヘリウム希釈法等を使って計算して出してる、現代の進んだ医学を持ってしても、人間の身体の構造並びにどうやって生きてるかは30%位しか判ってない、残りの70%は未知の世界なんだ、世界中の権威有る医者が束になっても判らない事が大部分、だから自分の身体は自分で守るしか無い、医者はそれを補助する一握りにすぎないのだ。

貴方がたの近所の図書館で
「ぜんぶわかる人体解剖図 系統別・部位別にわかりやすくビジュアル解説 坂井建雄/著 成美堂出版」をCheckして見て下さい、まず有りますよ、私も図書館で借りました。

結構詳しい、気の弱い人だったら気持ち悪くなる位詳細な図版で解説されてる、にも関わらず、判らない事の方が多い。

「川崎病」「橋本病」って知ってますか?
川崎病は1961年に「川崎富作先生」が発見された、血管系の病名で、世界中何処に行っても「Kawasaki」で通る、原因不明、従って治療方法も経験的な治療が行われて何とかなってる、「ガンマグロブリン」とゆう血液製剤の大量投与、これしか無い、5歳未満の男子が殆ど、発見が遅れ治療が遅れると死亡する、何とか治っても後遺症が残り、一生薬を飲み且つ激しい運動は不可能、発見が早ければ完治して後遺症も無い、壮年から先の人達で起こる「心筋梗塞」これは心臓を動かしてる冠動脈に閉塞とか狭窄が起こる、つまり血栓が問題を起こす、だから「動脈硬化」は健康診断でも話題になる、川崎病はこの症状が乳幼児で発生する、原因は全く不明。

私の孫が1歳ちょい前で起こった、完全では無いけど、有る程度両親及び私に知識が有った、目の白目の部分が極度に充血する・高熱・譫言・口の中が真っ赤になる・手足の末端が赤くなる、見てられない位苦しがる、直ちに救急車だったかどうか定かではないけど、公立病院に担ぎ込んだ、診断した医師は直ちに「川崎病」だと断定して、即入院、血液製剤の大量投与が始まった、結果として発見か早かったらしい、半月くらいの入院で完治退院した、現在小学6年、来年は中学生だ、野球少年で日曜なんか先ずどっかで試合をやっている、後遺症全く無し。

今は外れたけど、当時は東京都指定の難病だった、地元の保健所といってもバスで30分位先、難病の補助金が出た、3ケ月だったかハッキリしない、なにしろ10年位前の事だから更新の為に保健所に私が通った、関心の有る乳幼児を持つお母さん方、「川崎病」でググって見て、知識として持ってるかどうかが、生死の分かれ目です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E7%97%85

また尻切れとんぼ、首題から脱線してしまってる、独り住まいだから、自分で支度しなきゃ飯も食えない、夕食だけは「配食弁当」を取ってる、@¥600、1万8千円/月、痛いよねぇ、まだ晩飯を食ってない、現在21:10 、体調が良くなくて朝はまぁ何とか600Kcal位、昼は無し、そして晩飯はこれから弁当をチンして食べる、そんな訳でひとまずお終い、ほんとはBlog Rankingの事を書く積もりだったんだけど、そこまで到達できなかった。 後は後日、後日は毎度だ(笑)






posted by ゆきずり at 21:18| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

色覚異常の見え方

5/19の「色覚異常と遺伝」の最初の部分のリンクの中の「色覚異常ダイジェスト」クリックして。

色覚異常は遺伝によるものです。ですから顔かたちと同じようにその人間に備わった様々な資質のひとつにすぎません。色に関する困難は、色覚異常である本人の注意深さや周囲の人々の理解によって多くの場合は解決できるものです。


▲ 色覚異常とはどのようなものか  このリンクをクリックして下さい。

素人的には2001年の記事、ちと古いけど、「2CH」の記事が結構有用に感じます、けど病気だから治るとゆう意見と遺伝子レベルの問題だから、病気じゃない、従って治療とゆう言葉は存在しない、まあ3:7位かな、病気だってゆうのが3で。

私は遺伝子レベル派で、病気じゃない、血液型がA型の人をB型に治療とかなんとかで変えるなんて、殆どの人が「そんな事出来る訳がない」と思ってるとゆうか常識だと理解してますよね、この色覚異常も遺伝子レベルで「可視光の波長の範囲」がずれてる。或いはある色を見る「錐体」が無いかまたは感じ方が鈍い、紫色 400〜440nm  青色 440〜500nm  緑色 500〜575nm  黄色 575〜595nm  橙色 595〜640nm  赤色 640〜700nm  大凡こんな範囲らしい。

個人差が相当有って厳密に区分出来ないらしい、JIS規格では
JISZ8120では短波長側は360nm〜400nmで長波長側が760nm〜830nmとなっています。だけと現実に800nmが見える人はそれこそん十万人に一人みたい。

大体「色」とゆうのは、物体じゃない、めの網膜から視神経を通って脳に行って、脳で色とかんじてるんです。詳しい事はとても難しくて理解出来ません、慶応大学名誉教授で現在84歳ご存命かどうかは判りません、「村上元彦先生」が書かれた「岩波新書」で「どうしてものが見えるのか」とゆうホンを1995年に書かれてる、第八章まで有るけど何とか理解出来たのは第三章の始め辺りまで、そこからは私の頭脳ではついて行けません、いま手元に有りますが(笑)

もし関心のある方はAmazonのマーケットブレイスで¥1で6社から買えます、メール便で配送料は¥250 従って代金は251円です、大体発注して2-3時間で「ページャーナンバーをメールしてくるから、それで真夜中でもNetBankingで支払いすると3-5日でメール便だからポストに入ってます。私も1.5年位前に¥251で買いました、銀行の「ページャー」で前払いですけど、ページャーは手数料が掛からない、ATMでも出来る筈、私はNetBankingでしたけど。

Amazonの中古品はとても綺麗でUsedとは思えないものばかりで、ここ1年の間に¥1で10冊以上買ってるかな。

後 「クレパスの色が見分けられますか」今AmazonでCheckしたら、¥1は無理だった、¥379 前後が3社、メール便¥250で¥629、定価は¥1,854 改訂新版 平成6年8月刊行、この下の「視能訓練士」が国試を受ける勉強をしてた時に、教師の一人がこの本結構参考になるよと薦められたとか、だから初版は相当古いらしい、初版にはカラーの口絵が有ったそうだけど、この私が持ってる改訂新版には口絵は全く無い、多分色覚異常に関する本なのに健常者でないと正確に認識出来ないカラー口絵は「可笑しい」矛盾してるとクレームが有ったのではないかと私は想像してます。
Blog仲間の「視能訓練士」厚生大臣傘下の国家試験で、日本全国で8000人位しかいない、殆ど大きな病院にいるみたい、曰く国家試験が難しいのに給料が安いってこぼしてました(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/swdsn/MYBLOG/guest.html?p=1
ここのゲスブで「ろーとる」ってのが私です、私が白内障の手術をした病院の眼科の医師は「日本眼科学会」の専門医です、専門医は5年毎に国試なみの試験が有ってそれに合格しないと専門医を標榜出来ない仕組みになってる。

サルが見た色の世界 色覚の進化をたどる
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0907/200907_064.html#author
英語が得意な方はこちらを、リスザルでの実験
http://www.nature.com/news/2009/090916/full/news.2009.921.html
これを要約したのがこちら
http://infohdc.blog55.fc2.com/blog-entry-992.html
京大山中教授のIPS細胞の過程でウイルスを使って遺伝子を操作云々、とゆうくだりが有った様な記憶が、このリスザルの場合もウイルスを使って赤なら赤の遺伝子(錐体の遺伝子か?)を注入して成功したみたい、ただ私は素人だから違ってるかも知れませんね。
こうゆうQ&Aも
http://okwave.jp/qa/q4068607.html
ここでアンサーの中で「本当に知っていますか、知っていたらこうゆう質問は出ません」とゆう答えを書いたのは私です、一寸口幅ったい言い方をしてしまい反省してます。
http://okwave.jp/qa/q4050984.html
ここのベストアンサーは私です、こんなに喜んで戴いてアンサー冥利に尽きます。

寝なきゃ、なんていいながらまた午前4時になってしまった、今度こそ寝なきゃ。











posted by ゆきずり at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20-30年昔の話

【Q&A編】 結局のところ寿命が長いのはどのメディア?

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/knowhow/20100917/1027552/?f=tok1
但し会員登録しないと、最初のページだけしか見る事が出来ない、登録は無料だけど、結構詳細な個人情報を要求して来る、まぁ、現世代では仕方が無いのか、それにしても一寸きつい、「日経」だから個人情報を漏らしはしないだろうけど、あちこちで個人情報の流失が多すぎるんじゃないの。

尖閣の件でもそうだけど、私用のPCが公的とゆうか業務のNetworkにいとも簡単に接続できてしまうのが、不思議、製造番号とか、固有の複数は存在しないデータとかが業務のサーバーに登録されて居なければ、跳ねちゃうとか幾らでもやりようは有ると思うんだけど、そしてこれだけ騒がれてるのに重要な業務についてる人間が、安易に所謂「ファイル交換ソフト」DLしている。

例えばWinnyは2002年5月に公開された日本製のファイル共有ソフトであり、匿名ファイル共有ソフトの草分けでもある。WinMXの利用者が逮捕されたことで、違法な共有を行っている利用者を中心に動揺が広がっていた時期であり、多くの利用者が匿名性を持つWinnyに乗り換えたといわれる。ACCSの実態調査では、2003年に「利用したことがある」が22.8%だったものが、2004年には「最もよく利用する」が40.3%と急増する(同年のWinMXは57.6%)。その後は減少傾向に転じたが、前述のWinMX公式サーバ閉鎖後の2006年には「主に利用している」が33.3%とWinMX(24.5%)を初めて凌駕して国内最多となった。

条件に合うファイルを片っ端から自動でダウンロードさせる地引と呼ばれる利用方法を初めて提案した。BBS機能も持ち、その用途でも利用されていた。マルチバイト文字に対応しているがUnicodeには対応しておらず、またローカライズが困難な仕様だったため、海外では殆ど普及していない。当時、匿名性が絶大に信頼されていたものの、2003年11月27日に著作権の侵害を理由に利用者から逮捕者が出たことで、Winnyの開発は停止した。翌年、2004年5月10日に著作権の侵害の幇助を理由に開発者も逮捕された。現在では解析が進んでおり匿名性は破られてきている。

Winnyは技術的なことも含め様々な点で特徴的であり注目を集めた。国内では初めての実用的なピュアP2Pネットワークソフトであったことも、その一つである。Winnyの影響を受けたソフトウェアも多い。

ピュアP2Pモデルを採用しているが、Gnutella等よりファイルの検索機能が効率化している。転送する時、ファイルをそのまま転送するのではなく、キャッシュと呼ばれるデータに変換してから(あるいは変換しながら)転送を行い、必要に応じて復元する。その際、一定確率で転送の中継を行うことで匿名性の確保を図った。BitTorrentと同様にダウンロードしたキャッシュは自動的にアップロードされるが、キャッシュは原則Winnyが管理し利用者は関与しない方針により、BitTorrent以上に徹底している。キャッシュは暗号化されているため、利用者は自分のノードが何を中継したか分からないようになっている。(実際には特定のツールで知る方法がある。

コンピュータにインストールされるP2Pアプリケーションは、目的や用途を問わず、インターネットに対しポートをオープンにしてサーバ的動作をする場合が多い。また、クライアント的な動作のみであっても、いずれにせよアプリケーションにバッファオーバーフロー等のセキュリティホールが存在した場合、アプリケーション同士が常時接続している場合が多いだけに、ワーム、ウイルス等が急速にP2Pネットに感染拡大する脆弱性を持っている。実際にWinnyやShareなどをインストールしたパソコンから個人情報が漏洩する事件や機密情報漏洩事件が多発している(「暴露ウイルス」の項も参照のこと)。

Winnyなどにおけるウィルス感染・個人情報漏洩は、WinnyなどP2Pソフトの脆弱性によるものではなく、通常のウィルスと同等のセキュリティ対策を行なっていれば、対応できるものである。

出典はウイキペディア

なのに重要な業務についてる人間が、安易に所謂「ファイル交換ソフト」をDLしているのは、「自分は詳しい、そんなのには引っ掛からない」とゆう自信過剰なのか、「セキュリティ」に関心が全く無いのか、でもそんな事あり得ないよね。

私の場合PCはもう30年以上やってる、しかし全くの趣味でSEとかプログラマーの様な職業をやってた訳じゃ無いから、素人の域を出ない、上記の資料はチンプンではないけど、といって完全理解にはほど遠い、だから「セキュリティ」の危険の有るものには近寄らない、従ってウィルスに感染した事は1度も無い、IBMが「PCDOS」って言ってた頃からだから、Internetなんか存在してなかった、だから電話線を使ってパソコン通信をやってた、当時はプロバイダーとゆう言葉も存在しなかったけど接続業者はNECの「PCVan」だったかな、それと富士通の「Nifty」だけだった、速度は300Bps、300だよ、現在100Mのフレッツは100Mとゆう事は「100,000,000Bps」だから如何に遅かったか、でもちゃんと話は出来てた、それが1200Bpsになり、ISDN−>ADSL−>光 となって来た。

ISDNの頃からルーターは使ってた、PCは1台だけど、ルーターのNAT機能で最初のセキュリティとし、そのあと「カーテンウォール」やらなんやらとセキュリティソフトで凌いで来た。でもPCDOS」じゃなくて、ずーっとNECの98シリーズだったからCPUがペンテの初期120M位までNECの98シリーズ、で「MSDOS」でExcelなんかまだ無くて当時は「Louts」全盛で、マクロを1000行なんて書いて、「芸は身を助ける」で趣味を業務に生かしてPC業務をしてた、記憶に有るのはその頃はPC-8801だったと思う、その後「PC9801E」を購入、まだHDDは無くて、8インチのFDを買った記憶が有る、価格は40万円位した。

PC-9801E 1983年11月
μPD8086-2(Intel8086互換) 8MHz、8インチ、5インチ2D FDD I/F搭載、漢字ROM非搭載…(漢字表示にはオプションのPC-9801-10ボードが必要。第二水準漢字表示にはオプションROMのPC-9801-12/Kが必要,拡張漢字表示にはオプションROMのPC-9801-18が必要)

5年くらい使って買いましたのが
PC-9801RA/RX前期 1988年7月/9月
5インチFDD搭載、大型筐体、FM音源なし。CPUはRA2が80386DX/16MHz、RX2が80286/12MHzを搭載。 次が。
PC-9801FA/FS/FX 1992年1月(FA) / 5月

1990頃「DOS/V」が上陸してきて98シリーズは終焉に向かってた。

確かCompaqかHPだかを買ったと思う、その頃はDOSとWin3.1が共存してた、家ではDOS/V、パート先ではMSDOSだった、会社ではまだ無線LANは存在しなくて、有線LANで業務で使って会社の構内の建物を繋ぐLANCableは電柱を利用してた、ルーターは国産は作っていなくて、アメリカ製だったと思う、私が関係してた部署での相手の会社は富士通のFM機を使ってた、でデータの遣り取りはFDで98シリーズ系のFDだから1.2MB、自宅で使ってたDOS/Vは1.4MBで互換性は全く無いので、ともかく不便とゆうか、会社の仕事を家へ持って帰ってやるなんて互換性が無いから不可能でどうしようも無かった。

駄目だ、もう午前様、また尻切れとんぼ、寝なくちゃ、後はまた後日
posted by ゆきずり at 00:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。