2010年06月24日

ろこ さま

呆けてしまってmixiのルールも忘れてしまいました(笑)

「ろーとる」です。
posted by ゆきずり at 19:21| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい時代と朝日。さんへ

お薦めの本
木工デザイナー 三谷龍二『僕の生活散歩』|新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/book/300192/

この本に掲載されてる絵画を紹介する「絵画展」が30日まで、半蔵門から徒歩7分の「小川美術館」で開催されてる(Tel.03-3263-3022)

去年暮れに放映したNHKドラマ「火の魚」が6/27の13:00からBS2で再放映される、原作が室生 犀星の「蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ」に載ってるので今日図書館で借りて来ました、TVは大幅に脚色されてるので、原作を是非見たいと思って。

http://d.hatena.ne.jp/okkoya/20090724/1248434510

それとモデルになった製本工芸家、エッセイストの栃折久美子(とちおり・くみこ)の「森有正先生のこと」も一緒に、何故か両方とも予約皆無で一発で借りられた、6/30過ぎたらどっと予約が入るのかも

絵は良く判らない癖にぼーっと眺めるのが好きで、以前はあちこち行きました、最近は足が駄目なので、何処えも行けないのが残念、こんなとこも

http://nviola.exblog.jp/tags/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8/
posted by ゆきずり at 16:51| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

体調悪し

ここんとこ「体調」芳しく無い、上半身はまぁまぁなんだけど、足がねぇ。
たいして歩かないのにすぐに両足のつま先が痛くなって来る、靴の所為では
ない、この原因不明の足指裏の「末梢神経障害」が影響してるらしい、といって
歩かないでいると、「廃用症候群」でますます歩けなくなっちゃうから、考え物
何しろ歩けなくなるって事は生活すべての根幹にかかわッテ来るから重要、
自転車ならつま先に荷重が掛からないから、とても楽なんだけど、まるっきり
運動にならない、それに「前立腺肥大症」にはリスクがある、歩きだと電柱に付いて
る看板なとをこえを出しながら読み上げて行く事で、声帯萎縮の治療になるんだけど、
考えて見ると、ここ10日位ロクロク他人とお喋りしてない、昨日になって必要があって
会話を使用しようとしたら掠れてしまって、満足にしゃべれない、覿面に来るなぁ、声帯に出来る
隙間が広がって来ると、漏れる空気量が馬鹿にならない、余分な空気を使うから
とても疲れる、あっちもこっちもで、やっぱり年は争えない、つくづく感じる。

そんなんで買い物に行って「図書館」に行って1日終わっちゃう、従ってどうしても乱読になっちゃう。
14冊も予約してるけど、みんな待ちが長い、一番長いのは去年の9月に予約して現在86番待ち、
Maxだと月2冊だから3年も掛かっちゃう事に、最長は3月予約で126番目、これなんかは
何時のことやら、でも買ってまで読もうとゆう程じゃないから、えぃ、ほっとけって相成る。

最近読んだもの
「横道世之介」 吉田修一
「男子のための恋愛検定」 伏見典明
「ハッピー・リタイアメント」 浅田次郎
「昭和の遺書」 梯 久美子
レスビアンという生き方」 堀江有里
「色覚異常」 増田寛次郎外」
「カラーユニバーサルデザイン」 CUD
「クレパスの色が見分けられますか」 城 有二     購入 ¥1,140(含送)
「ほかに誰かいる」     朝倉かすみ

その他一般週刊誌最新号
posted by ゆきずり at 08:32| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

昨年ネイチャー誌に発表された色覚異常に関する論文のその後

語学はからきし駄目なんで、機械翻訳じゃ概略な事しかわからず、「隔靴掻痒(かっかそうよう)の感がある」てな事だったので、日曜日は暇とゆうか、ぼーっとしてるとすぐ眠くなっちゃうので、あちこちうろついて探して来ました。

何しろ素人もいいとこなので、折角の論文も判らない所だらけで、リンクの羅列になってしまった、判る方は眺めて見て下さい。

それにしても「赤」を感じる「L錐体」が無いのに、その「L錐体」を注入ってゆうけど、何処から持って来るんでしょうかね、他の個体からだと免疫系の拒絶反応なんて起こらないのかしらん、保因者である母親なら大丈夫なのかも、明暗を受け持つ「桿体」が1億2000万個以上、「錐体」が650万個以上で「視神経」が100万本以上なんて聞いても、何か夢の様話で全然ピンと来ません。

注入ってのも「注射」なんてもので有る訳無いし、中山教授の万能細胞なんかの様に運び屋のウイルスなんて使うのかしら、ともかく素人には判らない事だらけ、それにしてもその錐体から先の大脳皮質に到達するまでの過程が柔軟に反応するなんてのは、この哺乳類の身体の不思議さは全く驚異ですね。

色覚の遺伝子治療の可能性 財団法人日本色彩研究所
http://www.jcri.jp/hiroba/buhou/153-3.htm
ニュース - 科学&宇宙 - サルの色覚異常、遺伝子注入で治癒(記事全文) - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=53174378&expand
色ってなに?
http://members.at.infoseek.co.jp/gaikoku/sikisai/iro.html
色彩や色彩感覚は、大脳新皮質の視覚野の働きによるものでしょうか。 言葉があるから、色を識別あるいは記憶できるのでしょうか。 言葉なしで、色を見分けることは難しいの.. #1 http://q.hatena.ne.jp/1243693990/219230/
色彩や色彩感覚は、大脳新皮質の視覚野の働きによるものでしょうか。 言葉があるから、色を識別あるいは記憶できるのでしょうか。 言葉なしで、色を見分けることは難しいの.. #2 http://q.hatena.ne.jp/1243693990
色彩や色彩感覚は、大脳新皮質の視覚野の働きによるものでしょうか。 言葉があるから、色を識別あるいは記憶できるのでしょうか。 言葉なしで、色を見分けることは難しいの.. #3 http://q.hatena.ne.jp/1243693990/219284/#i219285
大脳皮質連合野:側頭連合野
http://web2.chubu-gu.ac.jp/web_labo/mikami/brain/40-2/index-40-2.html
色覚異常について - 円錐角膜・色覚異常について
http://www.okhelth.com/kakumaku/contents8.html
下側頭皮質後部に新しい色関連領野を同定
http://www.nips.ac.jp/scinfo/2009yasuda.html
【色覚異常】 - 眼科
http://www.bk-webclinic.com/kg/eye/siki.html
メルクマニュアル家庭版, 症状 225 章 眼の病気の症状と診断 http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/print/sec20/ch225/ch225b.html
視覚 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%96%E8%A6%9A
色覚異常 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%B2%E8%A6%9A%E7%95%B0%E5%B8%B8
色覚異常 - goo ヘルスケア
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10A90700.html
遺伝子診療・分子生物学研究班 | 研究の特色 | 東京慈恵会医科大学附属病院 眼科学教室 http://www.jikei.ac.jp/ophthalmology/features/research/idenshi.html
人工万能細胞・掲示板
http://www.asahi-net.or.jp/~ZU5K-OKD/house.1/group.d/Medical/Bannou.1.htm


「ぼーっとして直ぐ眠くなっちゃう」って病気なんじゃないかしらん、「惰眠症」って聞いた様な、またアルツハイマーに似た「レビー小体型認知症」じゃないだろうな、ビクビク・・・・
短く深く眠る法
http://johou.net/syoseki/mizikakunemuru.htm
これでも実践してみるか、足の病気を抱えてるから満足に運動が出来ない、ならば身体が疲れないから不眠症になるなら辻褄が合うけど、欠伸が止まらなくなっちゃう、どうしたもんかいな、特に日曜日が不味い。
posted by ゆきずり at 18:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

今晩雇用統計は?

サプライズが有るのかなぁ。

何れにしても「君子危うきに近寄らず」眺めに徹底だな。

まだ感覚が取り戻せて無い。来週からだなぁ、先ずは小手調べから。
posted by ゆきずり at 08:04| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

思いつくままに

最近モニターと睨めっこしてて何となく寂しいとゆうか物足りない様な気分になる事が屡々、一つは昨年切羽詰まって禁煙した所為か、未だにふっと気が抜けた時等「こんな時煙草吸えたらなぁ」なんて思ってしまう、禁煙とゆうのは長い間の習慣性が抜けきるのは何十年も掛かるとか、余命の内には来そうもない、途中何度も禁煙を試みた事が有ったけど、結局失敗に終わってた。

でも昨年「肺気腫」と診断され、「命を取るか」「煙草を取るか」と追い込まれた時、やはり命が惜しかったから迷わず禁煙に踏み切った、周囲からは、煙草に関する物は一切目の前から消し去らないとって言われ、ライター・灰皿の類はぜんぶ処分、しかし「郷愁」とゆうか、自分を鼓舞する意味を込めて、最も目につく所に新品の封を切ってない愛用だった「KENT 9mg」を置いて有る、みんなはそんな物置いておくとまた始める様になるから捨てちゃえと五月蠅かったけど、信念を曲げる事はないからと頑強に否定して置いている。

「肺気腫」現在では{COPD」(閉塞性肺疾患)の中の一症状に位置付けられてる、治療方法は皆無、禁煙が唯一の治療法、症状が進むと息切れ・呼吸困難・酸素吸入で最後は死に至る、太い気管支の本管から末端の肺胞に至るまで完全に「非可逆性」つまり絶対再生はしない、進行はししても後戻りは絶対無い病気、1日当たりの平均喫煙本数に喫煙年数を掛けたものが「ブリンクマン指数」とゆう、これが出来れば400位で禁煙してれば病気になる可能性はグンと低くなる。

600以上になると、肺癌・食道癌・喉頭癌に罹患する可能性が90%以上、私なんか750を超えてるから100%なって不思議は無いが、幸い今の所兆候は無い、もっとも喫煙者が全部なる訳ではなく、20−30%位が罹患する、しかしどうゆう条件の人がならないで済むかは全く不明、運を天に委せるのみ、一般的に何かの事で胸部のレントゲン検査で怪しい陰が見付かって、要精密検査になり、肺癌の場合はは「肺機能検査」(最近は町医者でも簡易型スパイロメトリーを置いてる所る結構有るから、簡易型でもコンピューター制御の大がかりな機械でも、基本かは変わらず、1分率といって1分間に吐ける空気量を率であらはした物が70%を切ると肺気腫となる、現在煙草をすってる方は1度お試しあれ、保険でたいした費用は掛からない、その他「腫瘍マーカー」なる血液検査項目があるが、他の検査と併用しての判断で単独では余り確定要素にはならないけど、「肺癌絡みには(CYFRA・ProGRP等、消化器絡みにCEA・CA19−9・CA602等)」どれも基準値内で引っ掛からなかった。

腫瘍マーカー.com
http://tumor-marker.com/

身体の中でどこかに炎症が有ると(白血球の異常な増加、CRPの上昇)で一般血液検査でお馴染みのもの、去年の2月だったか原因不明の感染症で発熱39度、悪寒震えなどが有った時、かかりつけ医まで自転車ですっ飛んで行って「無謀だ」なんて言われてしまった時、白血球が16000、CRPが3.8だったかだった、普通平常時だと白血球は5000前後、CRPは基準値が0−0.3だけど、0か有っても0.05位が普通。

私はことしの1月位から昼間に2−3時間位痰が喉に絡まるような症状が有ったが、何時の間にか消えてしまって、現在は何の自覚症状もない、でも1分率はは59%だから、安心は出来ない、たまにどんなかなと、住居がマンション5Fなんで、エレベーターを使はず階段を一気に昇ってもても、健康な人と同じ程度の息切れとまで行かない程度で脈拍も僅かしか上昇しない、まぁいつまでこれが保持てぎるかは「神のみぞ知る」である。

医者からは余り神経質になるのは良くないといわれいるので、考えない様にしてるけど、「不整脈」がある、或るいは有ったとゆうのが正しいのかも、お腹の横に取り付けて24時間心電図を計る「ホルター心電計」なるものを去年秋に「かかりつけ医」でやった、結果は「上室性期外収縮」「心室性期外収縮」が有り、成人の1日当たり脈拍数は平均10万発、私は序脈(脈が遅い、遺伝かも)で9.5万発、「上室性」はまぁ問題無し、だがそれでも「7連発」なんてのが夜中に有ったらしい、「7連発」とゆうのは、どうなんだろう7回も脈が抜けちゃうんだろうか、説明はなかったけど、大した問題ではないみたい、でも何となく引っ掛かる。

「心室性」の方は「頻発」にチェックが入り、抜けるとゆうか飛ぶのが10%以下なら健康人でもままあるとか、それが14%もある、おまけに「2連発」「3連発」なんてとこにもチェックが、担当医はそれほど心配する程でもないとの「ご託宣」だっけど。「紹介状」を書いて貰って公立病院を受診、「心エコー」「トレッドミル負荷試験」をやった、トレッドミルとゆうのは、スポーツジムなんかに有る、動くベルトの上を歩く奴、これを平均心拍数の150%まで速度を上げて、勿論心電計の電極を沢山ぶらさげて、この負荷中に脈が飛ぶのは危険なんだそうだが、私は1回も無かった。担当医師の説明では、現状では特に問題視する事はない。

いわゆる「経過観察」ってゆう奴で、かかりつけ医に戻されてしまった、いままでの経験上では脈拍が52を切ると発生するみたい、それ以来、神経質になるなとのお達しなので、手首で脈をとる事は一切してない、、でも毎朝起床後血圧を測っているけど、自動的に脈拍も測定される、データはエクセルに記録してるけど、もう血圧計も10年近く使ってて、腕に巻く部分がボロになったので、買い換え様かと調べたら、USBケーブルでPCと直接つなげるタイブが¥1万円前後なので、これにしょうかとと思案中。

一頃は不整脈に薬を使ったらしいけど、「副作用」で別なタイプの不整脈が発生する頻度が高いとゆう事で、現在は一般的に使われなくなったそうな、とくにどうしろとか、何に気おつけろとるとかの指示もなく、平常心が一番だとか、「動脈硬化」の度合いほ計る「脈波測定」といって血管年齢をはかる奴があるが、普通は実年齢に+10位なんだそうだけど、私は半年ごとに何回やっても、「60才前後」で−20って事、どうなってるのか、血管の詰まり具合も半年前と比較して最近のは僅かだけどいい、誤差範囲なのかも、、魚があんまり好きじゃないので、EPA・DHAをサプリメントで摂取してる、でもサブリメントってのは私はあんまり信用してないからこれだけ。

ふっと気が抜けた時煙草も吸えないとなると何となく手持ちぶさた、そこで押し入れからもう15年以上眠ってたAmpなんぞひっぱり出してきてセット、Ampといったって本格的なものじゃない、中型で出力120W程度、、スピーカーはこれも20年近く眠ってた「BOSEの3DSP」150c/s以下を受け持つ重低音バスレフスピーカーと、8cm立方が縦に2つくっついた中高音スピーカーをモニターの左右後ろにセット、低音SPは方向感はないから適当な机の下にとんでも無い方角を向いてセット、音質的には良くなけどPCのイヤホンOUTから取り出し入力、「WindowsMediaPlayer」でMyMusicに録音して有った大昔の愛聴盤をBGMにしてる、20年近くも鳴らしてないSPにいきなり大音量を入れるとイカれちゃうので、かすかな音量からエージング、まあ2−3日でものになったわ、何しろ20代前半ばりばりの「Connie Francis」とか、カントリーの「Emmylou Harris」「松本伊代」「岡村孝子」「薬師丸ひろ子」なんてのごっそり、今やみんな40−60代、だけどいいねぇ昔の声は、「本田美奈子」の「アメイジング・グレイス」など。

コニーはもう72才、エミルーは63才でもまだ現役、伊代が45才、岡村は48才、みんな年は同じに取るんだからしょうがないよね、私が83なんだから。 平日昼間に瞬間思いっきり大音量で鳴らしたら結構出る、家鳴り震動して低音が凄い。

暫くFXお休みしてたら、感が働かないのかピンと来ない、1週間位睨んでで無いと、無理だなぁ、仕掛けは、といったってやるのはEUR/JPY・EUR/USD位なもんだから。

タイトル通り、ずるずると取り留めも無い話になってしまった。

posted by ゆきずり at 07:45| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。